覚え書き:今週のニット in TOKYO

今週、気になるイベントふたつ。
時間があれば行ってみたいな、というメモ。

---
2006/10/03(Tue)-08(Sun)
モードとしての編み物展
(日本橋三越本店)
---
昨年開催されたニットフェスティバル2005の展示「モードとしての編み物展」の再演(演?)ですね。日本編物文化協会が総力を結集して復刻した、1954年~75年に発表されたパターンによる作品100点余りと、現代ニットの代表として、広瀬光治さん、下田直子さんの作品が展示されるそうです。
ポスターにあるミニワンピースなんて、最近のパターン本では見ないけど、超らぶり~。

展示のほか、「広瀬光治さんのトーク&サイン会」、「下田直子さんサイン会」、週末には「屋上ニットカフェ」もあるそうです。



---
2006/10/04(Wed)-07(Sat)
2006年OKAMOTO手あみ靴下コンテスト 応募作品展示会
(代官山Iスタジオ)
---
会場の代官山Iスタジオは東京・代官山にある奈良県(主催のOKAMOTOは奈良県の靴下メーカー)のアンテナショップみたいなところ(どっちのサイトにも詳しく書いてないけど、ここでいいんだよね???)。
展示されるのは第1次選考(10/01締め切りで素早い!)通過作品のみとのことで、応募した人はどきどきですね。
どんな靴下が並ぶんだろう~。
(※OKAMOTOサイトでは10/07-11/11まで公開予定)

おっと、こんな情報を発見。
東京の代官山でよさそうね。
おおっと、コンテストの審査員には広瀬光治氏も!?

あ、私? えーと、応募しました、なんとか。
結局、なんかもう大慌てで編んだから、納得いかないところも多々あったのだけれど、枯れ木も山のにぎわい!参加することに意義あり!と、ぎりぎりで発送。
せっかくだからサイトには応募作ぜ~んぶ載せてくれないかなあ。


ついでに、こんなのみっけちゃったので貼っとこうっと。
---
靴下屋 靴下の達人デザインコンテスト
---
全然手編みと関係ないけど、コンテスト以外にも、オリジナル靴下のオーダーメイドもあるみたいだし、自作の手編みバージョンとおそろいでどうぞ、な~んてね。


あ!それに今週はNHKの「おしゃれ工房」がニットですことよ。
嶋田俊之さんのフェアアイル(10/02,03)と岡本啓子さんのネックウォーマー(10/04)。お見逃しなく<?
うーむ、これでテキスト480円。なんとリーズナブルなパターンブックであることよ(ある意味動画&デザイナー本人の解説付きだし)。

"覚え書き:今週のニット in TOKYO" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント