knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS 第6回東京スピニングパーティー

<<   作成日時 : 2006/09/23 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

第6回東京スピニングパーティーに行って、もとい、のぞいてきました。

画像


のぞいてきた、と言う通り、会場には2時間もいられなかったので、たいしたレポートにもならないのですが、とりあえずご報告。

会場は東京・晴海埠頭の晴海客船ターミナル。
建物の入り口を入ってエレベーターで4階に降りると、すでにそこ(エレベーター前のロビーのような場所)は"パーティー"の真っ只中。
ワークショップなどでにぎわってます。

ホールに入ると・・・うわわ、小さなブースがたくさん並び、まるで文化祭のよう。
目的もないまま、紡ぎの「つ」の字も知らないままに、ほんとになんとなく来てしまった私は何をどうしてよいやらわからず、とりあえず場内を徘徊。

テーマは「手紡ぎから始まる編む・織る・そして創る」ということですが、やっぱりメインは紡ぎで、見たことのない道具や"マシン"がいちいち珍しい。普段は編み針と糸しか使わないからねえ(・・・あ、ニットマジックがあったか)。
一応各ブースをのぞきこんでみるも、来場者と出展者とのやりとりはかなり専門的に聞こえ、こっそり聞き耳を立ててみてもちんぷんかんぷん。
心の支えに「羊毛のしごと」を持ってきてはみたものの、一読しただけではなんともかんとも。
紡ぎや織りの世界も、たぶんはまったらなかなか抜け出せない深い沼なのであろう・・・。

おっと、しかしぼーっとしている暇はない。
ノープランとはいえ、こちとらニッターじゃ。
自分の出自を思いだし、編み物関係をとりあえずチェック。
ふふふ、ノープランといいつつ、北欧ニット関連がいくつかあるなあという目星はつけていたのだ。

・アトリエ アンカーペグ
 http://homepage3.nifty.com/anchor-peg/scanindex.htm
 織りもののほか、北欧の二重編みなどを展示。二重編みと両面編みは紙一重(当社比)。両面編み研究家(自称)としては見逃せますまい。二重編みの実物編み地と実演を初めて見られて感激。会場では販売はしていなかったみたいだけど、店舗ではキットや通信教育(準備中)があるそうです。

・アトリエ Mjuk
 http://homepage2.nifty.com/atelier-mjuk/
 北欧の織物やニット関係の展示。スウェーデンの毛糸の販売があって、思わず購入(写真の右上)。北欧の毛糸って初めてかも。見て、触って、編んでみたかったんだよね。なんていうか、しっかりした感じの糸なんだけど、編むとふっくらとやわらかで。毛糸と一緒に「ラムザ編み」という編み方のレシピをもらった。

が、ここで数少ない目的を早くも達し、再び場内をさまよう。

途中、"クリエイティブ9"にて、写真右下の小物を購入。
これはですね、棒針ホルダーですことよ。大きめのキャップふたつを向かい合わせにゴムでつないだような仕組みで、編みかけの棒針(玉なしのね)をまとめて両端にこれをはめれば、持ち運び中に編み地が抜けることもなし、バッグの中で編み針が行方不明になることもなし、針先がバッグから飛び出すこともなし、というモノ。
"VOGUEknitting"の最新号(FALL2006)に、これと同じ用途の道具が紹介されてて(p11。こちらはゴム部分が筒状になっている)、へぇ〜と思っていたのだ。

そうこうしつつさまよいながら、やがて行き着いた先は

・綿工房
 http://www.t-net.ne.jp/~watakobo/
画像
しろまるはテツムギをおぼえた!
しろまるのこうげきりょくが 2 あがった!

 ちょうど手紡ぎのワークショップが始まったところで、ダメもとで聞いてみたら快く受け入れてくださった。人生初の手紡ぎ体験。スピンドルなる道具に初めて触れる。布団綿を分けてもらい、それを然るべき大きさ・形にまとめたのち、紡ぐ、紡ぐ、つ・・・む・・・・・・こ、こ、これは経験ですなあ・・・。
出来上がったのは、スラブヤーンとも言えない、糸状のワタである。スピナー・しろまる、生後30分だ、仕方あるまい。
手紡ぎはたぶん、スピンドルを回す(糸を撚(よ)る)のと引くのとのバランスなんだと思うんだけど、撚ると引くの原理とか関係とかを分かった上で、そのバランスのいいところを見つけだすのにはひたすら経験という感じがしました。
とにもかくにも、スピナー・しろまる、ここに誕生。続編は"spin, spinner, spinnest"にて<ウソ。
手紡ぎデビュー記念にスピンドル購入(写真左上)。素材は桜。コットンを紡ぎやすい重さ(約20g)にしてある、とのこと。

ここでタイムアップ。帰る時間になりました。

ホール出口に向かう途中、調子にのって手紡ぎ用の羊毛を買う。

・羊の工房 包(パオ)
 http://www.pao-hituji.com/
 スピンドルは買ったし、羊毛だけ買おう、と思っていたのに、羊毛3玉とスピンドルで950円というセットをついつい購入(写真左下)。

帰りの電車であらためて「羊毛のしごと」の紡ぎの章を読み、紡ぎの原理について考える。そしてついでに、コットンと羊毛ではスピンドルの形が違う、という予期せぬ事実を知る(写真参照。しかも紡ぎ方もなんだか違う)。恐るべし無知。そしてビギナーズラック。スピンドル付きの羊毛セットにしといてよかった。

というわけで、終始ふわふわと地に足着かない感覚で過ごした2時間弱。
短い時間でしたが、紡ぎや織りの方々の熱意や熱気を感じ、その一端に触れたひとときでした。
編み物関係は数は多くはないけど、糸は素材も太さも由来もいろ〜んなものが色とりどり並んでいたし、お名前がかねがね・・・な感じのニットにも初めてお目見えできたし。
(曇り空だったせいか、証明のせいか、糸の色を見るにはちょっと場内は暗めな気もしました)
ボタン屋さんなんてのも、なんだかとっても楽しそうだったわ。とりあえず買っとけ!という声が聞こえた気もしたけれど、なんとかクリア。
染めの実演などはさすがになかったけど、個人的にはそんなのも見てみたかったかな。

あ、「アイスランドの編み物」コーナー見るの忘れてた・・・。雅亮さんのレポートによれば、先日ちらりと書いた林ことみさんの「北欧ワンダーニット」の見本などもあった模様。がーん。雅亮さんのお見立てなら間違いあるまい、思った通り、この本は"買い"ですな。早く発売にならないかな〜。


以上、しろまるが晴海埠頭からお伝えしました!



羊毛のしごと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、
スピニングパーティーお帰りなさい。
今までずっと 行っていたのですが、今年はいけなくてとっても残念におもっていました。
しろまるさんのレポ楽しみにしています。
baru
2006/09/23 15:48
baruさん、スピニングと聞くとまったくの別世界と思っていたのですが、今回行ってみて初めて手紡ぎというものを体験したりして、ちょっと身近に思えてきました。一緒にワークショップを受けていたご婦人は、ついにご自分でワタ(綿花)を育て始めたとおっしゃっていて・・・糸を巡る世界はまだまだ広いですねえ。baruさんのサイトもまた違った興味を持って拝見できそうです。あらためましてよろしくお願いします!
しろまる
2006/09/23 17:28
只今・大盛況の「スピニングパーティー」から帰って来ました〜^^v昨日のしろまるさんの誘惑画像にガマン出来ず、旦那とムスク&テンand moreがみっちょん&うきさんとギャーギャー言いながら楽しんで来ました!(笑)
それと、ちょっとツッコミ入れていいですか・・??「しろまるのこうげきりょくが 2あがった」。。博士はそんな趣味まで!?><(そういう怪しいところ・・うちの旦那と一緒じゃないですか!爆)

「北欧ワンダーニット」本は私もGETしましたよ〜♪大ツボです^^勿論・講習とスピンドルもGET(でも、講習を受けて紡いだのは旦那!笑)

Jカメラマンが同行で、今日は写真を170枚も撮ってきたんで><;私も明日の晩には感想をアップしてみます。それにしても、イロイロ見過ぎて興奮し過ぎて、話し過ぎて!?かなり体力消耗しました〜もう寝ます。。ZZZ
しろまるリポーター★お疲れ様でした^^
あーちゃん
2006/09/23 20:38
お久しぶりです〜
なかなか面白そうでなイベントですね。
原毛と聞いてはジッとしていられず・・。(笑)
楽しいんですよ〜ハマルと。

今日行ったビックサイトのオーガニックフェアで、竹からできた原毛を見ました。さらさらのシルク羊毛のような美しさでついウッリ・・・
そのままスピンしたい衝動に駆られちゃいました。はは・・・

miyo
URL
2006/09/23 22:17
>あーちゃん
おっと、行って来ましたか〜!しかも「北欧ワンダーニット」GETだなんて!(ちなみにそれって、入り口脇の本のブースのあたりにあった?)どのくらいこうげきりょくあがったの〜?ジェラシー!!怒濤のビジュアル・レポート、楽しみにしてますね!!

>miyoさん
こちらこそご無沙汰です。オーガニックフェア、サイトを見てみましたが、プロ向けイベントなのかしら。それにしても、竹原毛ってのは興味深いです。でもさらさら原毛では、経験値1の私では紡ぐの無理だろうなあ。手紡ぎ、思いがけず楽しい経験でした。期せずしてコットン用、羊毛用とスピンドルもそろったことだし、ときどきチャレンジしようと思います。
しろまる
2006/09/23 23:13
わたしも行って来ましたよ〜!あ、あーちゃんが書いてた。あーちゃんが会場で声かけてくれたので、一緒に回りました。めちゃめちゃ楽しかった!しろまるさんは綿紡ぎを体験したんですね。私はひつじやさんでウールを体験して、スピンドルもゲット、帰ってからも、子供たちが寝た後も、今さっきまで紡いでいました。始めると止まらなくて楽しい♪すぐに切れちゃうし、太さもまばらだけど、この糸がとってもかわいく見えます。ちなみにね、ひつじやさんで綿の種、買って来ました!実は前からぽわぽわの綿を育ててみたかったんですよ。来年の春、忘れずに種まきしなくちゃ。
北欧ワンダーニットはとっても楽しそうな本でしたね。ケチな私は「アマゾンでチケット使って買おっと」と今日は買いませんでしたが、必ずゲットします。
もう、いろいろ楽しすぎて、頭の中が大混乱な感じ。これをうまく記事にまとめられるんだろうか、、、。明日のアップ目標です!
がみ
URL
2006/09/23 23:53
>がみさん
なるほど〜、そうしてあーちゃんの"パーティー"は仲間を増やしていったのだねぇ<?手紡ぎ、綿が撚れて糸になっていく部分を見てるとなんだか不思議で面白いです。そう!自分で紡いだ糸ってでこぼこでも愛しいものですね。がみさんの紡ぐ糸、見てみたいな。
しかーも、綿栽培とは!綿の花も可愛いですもんね。私は、庭に我が物顔ではびこる(食べきれない)ハーブで糸を染めてみようかなあ・・・なんて実は考えてもいるのですが、まだ構想段階。葉っぱに住みついて糸を吐いてるガの幼虫がいるんですが・・・まさかこれはシルクにはなりませんよね・・・。
スピニングパーティーの記事、楽しみに待ってます!(私も「北欧・・・」はamazon待ち。なかなか出ませんねえ)
しろまる
2006/09/24 01:33
はじめまして、うきと言います。いつも読み逃げしてはこのHPに助けれれている者です。
アトリエ アンカーペグさんの二重編みのことを今朝(!)パンフレット見て気がついたのです。二重編みと両面編みは紙一重…そうか、わかったような気がします。
スピニングパーティーの事を書いている方のブログを読んでにんまりと思い出しています。
"spin, spinner, spinnest"しろまるさんの鋭い切り込みで是非実現を!!
うき
2006/09/26 12:15
しろまるさんも紡ぎデヴューなさったんですね。しかもしかも「秋色セット」を購入なさっているとはっっ。綿工房さんには去年綿の紡ぎを教えていただきました。が、とにかくガンジーの偉大さに思いを馳せるばかりでした。ガンジー偉いよ。「自分の着るものくらいは紡ごう」って、綿ですよ。偉いなあ。と、ガンジーを心の師に(ウソ)今日も紡ぎを練習中です。
こういうイヴェント、ほんとうにありがたいですよね。去年までは羊の毛刈りもあったのですが、今年はなくてちょっと残念でした。
「羊毛のしごと」もいい本ですよね。まだ買おうか買うまいか悩んでいるのですが、そのうち手に入れている気がします。
雅亮
URL
2006/09/27 01:11
どうも〜!しろまるさんも金曜日に行かれたんですね!きっとどっかですれ違いましたよね。しかしすごい人でしたね。
私も雅亮さんが紹介されていた本、見つけられなかったんです。本コーナーはちらっと見たんですが、編み物や紡ぎの本があったなんて全然気が付かなかった!見たかったなぁ〜。
あ、あとお茶についてきたお菓子美味しかったですよね。私はクッキーをいただきましたが「売ってくれ!」と言いそうになりました。
-aya-
URL
2006/09/27 13:43
こんにちはー。あちこちでこのレポを見て羨ましくって出てきました。
このスピンドルのセット、いいですねー。お手軽値段だし、(やったことのない私でも使いこなせるでしょうか?)とっても欲しいです。
しかもこうげきりょくが2もあがるんですね、これまた魅力です!
hiiragi
2006/09/27 17:39
>うきさん
こんにちは。あーちゃんやがみさんとご一緒だったんですよね。読んでるだけで楽しそうなツアーでした。アトリエ・アンカーペグの二重編み、もっとじっくり見たかったなあと思っています。パンフレットなんてあったのか!思ったよりも身近なところにあった「手紡ぎ」ですが、spinnerへの道はまだまだ遠そうです。

>雅亮さん
デビューというのもおこがましいほどで、早くもスランプです。今、自分で紡いだものを身につけたら、細く裂いた布団綿を巻いてるだけになりそう・・・。ガンジーへの道も遠そうです。せっかくの秋色セットも、羊毛の紡ぎは未知の世界(買ってから知る恐ろしさ)なので、どうなることやら。少しずつでも続けることが大事なのでしょうね。
羊の毛刈り!それは見てみたい!
しろまる
2006/09/27 23:29
>-aya-さん
サイトも拝見しました。ほんとにすれちがいでしたね。なんだか面白いな。
本のコーナー、私もざっと見て織りの本ばっかりだなあなんて思いこんでました・・・残念!おまけに、時間がなかったのでお茶もパス!ああ、こちらも残念です〜。
紡ぎの記事など、またあらためて読ませていただきますね。
>hiiragiさん
何も知らずに(!)買ったものの、羊毛紡ぎは未体験(ということが分かった)なので、使いこなせるかどうか私も不安です・・・。いずれ身をもって試してみますので乞うご期待<?
綿のスピンドルは先が「かぎ」になってるので、こうげきりょくはより高そうです<???
しろまる
2006/09/27 23:49
しろまるさん、こんにちは。teaです。
スピパのレポート、あちこちのブログで楽しく読んでいました。しろまるさんのレポートもとっても詳しくて、楽しかった様子が手に取るようにわかって、いいな〜〜〜って指をくわえていました。綿紡ぎと羊毛紡ぎを比べると、綿紡ぎのほうが難しいんですよ。羊毛のほうを先に練習されたら楽しいと思います。きっとしろまるさんもはまるんじゃないかな〜。素敵な手紡ぎ糸が紹介される日を楽しみにしています。
tea
URL
2006/09/30 00:40
teaさん、こんにちは!(・・・通はスピパというのか!)
コメント&アドバイスありがとうございます。なるほど、羊毛はまだ紡ぎ経験ゼロなので後回しと思ってましたが、せっかく材料もあることだし、とりあえずちょっとやってみようかな。
おそるおそるのにわか紡ぎ人としては、teaさんのサイトはまさにバイブルです。手作りスピンドルもとっても面白そう!どうぞこれからもいろいろ教えてくださいね。
しろまる
2006/09/30 23:03
グーグル検索をしてこのレポートを見つけました。二重編みのこと書き込んで頂いて嬉しいです♪
今年もスピニングパーティーには参加しますので、お会いできたら是非お声をおかけくださいね。
また、二重編みは1日のワークショップでは教えきれないため現在は行っていませんが、2〜3回にわたるワークショップで作品を完成して頂くものを考案中です。
日程等決まりましたらホームページにアップしますので、ご覧になってください。
どうもありがとうございました。
アトリエ・アンカーペグ
2008/01/18 16:55
>アトリエ・アンカーペグさん
しばらくネットを離れていまして、お返事が大変大変遅くなりました。すみません。
コメントありがとうございます!勝手にライフワークと決めている二重編み、通うのは難しいけど、通信講座なら私にも出来るかな、とか考えてます。北欧の編み物は最近本なども出て人気ですね。スピニングパーティーもワークショップも、いろいろ楽しみです。
しろまる
2008/06/28 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第6回東京スピニングパーティー knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる