knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS ニットアウトをプロデュース ・・・なんちって

<<   作成日時 : 2006/09/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

昨年、一昨年と10月に東京は六本木にて開催された"ニットアウト(KNIT OUT TOKYO)"(主催:クロバー)。
今年も開催されるのかしら。


ニットアウトに正式な定義があるのかないのかは分かりませんが、クロバーのサイトによれば、『「ニットアウト」は、もともとアメリカが発祥。たくさんの人がストリートに集まり、手あみを楽しんだり作品を発表したりする、手あみの野外イベントです』とのこと。
アメリカでのムーブメントを受けて、日本では2004年にクロバーが初めて大規模イベントとして開催したものです。2回目となる昨年は、折からのニットブーム(?)を背景にニットカフェとともにメディアでも取りあげられていましたね。また、東京に続き全国各地でも開催されたようです。

画像私は残念ながら東京での2回はいずれも参加できなかったのですが、クロバーのサイトや参加した方のブログでのレポートなどで雰囲気だけ楽しみました。
会場では、ワークショップ(手編み体験会)のほか、トークショーやファッションショー、パフォーマンスなどなど、盛り沢山のようです。
ワークショップ用には毎回キット(毛糸2玉+編み針(棒針またはかぎ針)+パターンのリーフレット)がなんと無料で配布されるのですが、昨年配布されたキットは6,000組とのこと。いやはやすごいことです。
(※右の写真はイメージです・・・というか、こちらは2006/01/26に東京・大手町のOTEMACH CAFEで開催されたクロバー主催のニットカフェで配布されたキットです。ニットアウトのキットもたぶんこんな感じではないかと勝手に想像(バッグにはニットアウトのロゴ入りだし))

行ったことのない私の勝手なイメージですが、このイベントは、ニッター集まれ!と呼びかけつつも、編み物普及というか、編み物はじめての人に目や手で編み物に触れてもらおうという目的が大きいように思えます。
もちろん、主催のクロバーはじめ協賛の糸メーカー各社にとってはマーケット規模の維持や拡大はいわば死活問題なわけですし、編み物人口(これも曖昧な言葉ですが)が増えれば、私を含むニッターにも得るところが大きい(ある意味こちらも死活問題といえるな)わけで、ニットアウトの開催・成功はよろこばしいことでありましょう。

実際の会場でのシステムを知らないのですが、この体験キットというのはどうやって配布されてるんでしょう。希望者のみもらう感じ?それともイベントエリアに入場するともれなくもらえるの?
行かずに心配するのもナンなんですけども、なんというか、つまりは、もれなくもらえるパターンの場合、私のような経験者でももらっちゃっていいんでしょうか?と思ったり。
「はじめての編み物体験」用のキットだとしたら、経験者でしかも編みきれないほどの毛糸玉を貯め込んでる私なんかがもらうのは申し訳ない気が・・・。
されば、現場で編むものを持参し、キットはきっぱりと断ればよろしい、ということですが、キットを断るのはともかく、どうも編みかけ持参はあまり前提となってはいないような雰囲気もあるようなないような。
『ストリートに集まり、手あみを楽しんだり作品を発表したりする』というニットアウトの定義からすると、編みかけ持参も大歓迎!であってほしいところですが、実際どうなんでしょうか。

いやまあ、配布する側としては、「初心者だの経験者だの気にせずどうぞおひとつ」と懐深い対応なのかもしれませんね。それなら素直にいただいて、経験者は教える側に回ればいいのかもね。
じゃじゃじゃあ、もう一歩踏み込んで、経験者を有効活用したらどうだろう。会場には先生役のスタッフがかなりの数でいるらしいけれど、それにプラスアルファで経験者も臨時の先生役に。
例えば、キットに同梱のパターン(たぶんミニマフラーなど毛糸2玉分の作品)を事前にネットで公開しておいて見ておいて(=予習)もらう。あるいは、それを編んで身につけてきてもらう・・・「私でよければお答えします」の目印に。いや、10月じゃマフラーにはまだ早いか・・・それなら、ちょっとしたコサージュなんかでもいいかも。主催者に敬意を表して、クローバーのモチーフなんてどう?そんな目印があれば声をかけやすくなるのではないかしら。去年初めてここで編み針を持った人が、今年は教える側に回るなんてのも悪くないと思うんだけどな。

もちろん、編みかけ持参ウェルカム。「何編んでるんですか〜?」という会話がもっと増えても(と見てきたようなことを言う)いいよね。参加者同士の気軽な交流があるといいな。
ニットアロングなんてやってる人達は、それぞれの編みかけをもちよってああだこうだとおしゃべりしたりして、楽しいんじゃないだろか。このニットアウトのためのニットアロングなんかがあっても面白いかもね(あ、目印マフラーや目印コサージュも一種のニットアロングではあるか)。
普段ネット上でやりとりしている人達が待ち合わせたりして、ミニオフ会みたいなのもあるかもね。それもまたよし。
でも、そんなこんなで経験者が会場を占拠するようでは本末転倒?むー、むずかしいな。いや、みんながみんな朝から晩まで居続けるものでもないだろうし。


ニットアウトに限らないんだけど、せっかく多くの市民ニッター(なんじゃそりゃ)が集まるのなら、ついでに、こんなのどうかしら。

例えば・・・

・編んだものを身につけてくる
ある意味暗黙のお約束的?レポーター役のスタッフを置いて、目についた人(作品)をステージやモニターで紹介するとか。


・ストック交換会
クローゼットに眠る毛糸玉を袋に入れてもってくる。もってきた人は別の1袋をもらえる。
「ラベル付きの未使用のものに限る」とか「同色2玉以上」とか、ある程度の質(と量)を保てる条件付きにしてもいいかな。
探し求めている廃盤毛糸とかが手にはいるようなシステム(どんな?)だとなおいいか。


・フレンドシップニット
「フレンドシップキルト」(元々は、遠くへ行ってしまう友人に贈るために、仲間のそれぞれがブロックを持ち寄り、それをつなぎ合わせて仕立てる大きなキルト)というのがあるのですが、それみたいに、来場者が編んだモチーフをつなげて大きな作品に仕上げたり(出来たものどうしよう・・・?)。
巨大リリアン(リンク先のは「協力:ハマナカ」ですが・・・)とか超ロングリリアンとか巨大グラニースクエアモチーフとか、来場者が少しずつ編んでいくようなのとか。糸は来場者が持ち寄ったのをどんどんつなげて使うの。

あ、折しも同時期(10月7日)に同じ六本木ヒルズアリーナで開催されるピンクリボン(乳ガン撲滅のキャンペーン)のイベントとタイアップしてもなにかできるのでは。"Vogue Knitting"でも昨年乳ガン撲滅キャンペーンのひとつとしてスカーフコンテストやってたよね。
余談になりますが、乳ガンと編み物いうと、"knitty"にこんなパターンもあります。


・ボランティアニット
三井住友海上スマイルハートクラブの活動で、最近は日本ヴォーグの手作りタウンにも告知のあるボランティアニットとの連携などはどうだろか。告知のほか、スタッフ募集とか、その場で手伝えるような作業があれば協力するとか。セーター着分の毛糸の寄付とか。帽子やマフラーならその場で編めちゃう人もいるかもしれない。
こういうのって、あんまり大々的にやってしまうと弊害もあるのかなあ。

なお、手編みで出来るボランティアには、NICU(新生児集中治療室)でケアを受けている小さな赤ちゃんの体温維持のための帽子や靴下を編むというのもあります(参照:Preemie Goods Japan)。
ピンクリボンにしてもそうだけど、手編みでできることって結構あるのですね。


・ウールチャレンジとか早編みコンテストとか
ウールチャレンジは8人(国際ウールチャレンジの場合)から成る1チームで、羊の毛刈り→紡ぎ→セーターを編むという一連の作業の時間を競う競技(なお、国際ウールチャレンジも、ガン研究推進のキャンペーンという性格があるそうです)。いや、個人的に一度見てみたいと・・・。北海道の十勝でも同名のイベント(ウールチャレンジin十勝)が毎年開催されているそうで、そちらはもう少し一般向け。楽しげ。
早編みコンテストなんてのもちょっと楽しいんでないかしら。決まった目数で制限時間内にメリヤス編み、いや、ガーター編みか、とにかく、何段編めるか。かぎ針部門には是非ともプリンスに参加して欲しい。
長〜い棒針or輪針に10人くらい並んで、リレー形式の同時編み!とか。<どっちかというとパフォーマンス?

ところで、TV東京の「TVチャンピオン」でかつて「手編み王選手権」(2002年に「第4回男子手編み王選手権」の放送予定はあったが、出場者募集はされたものの番組は成立しなかったらしい・・・しかし、「男子」だけでも過去に3回も実施されたの?女子もあったのかなあ。番組サイトの過去のリストには見当たらないのだけれど、ご存じの方いらっしゃいます?第1回男子編み物王は広瀬光治氏だというウワサなのですが・・・)というのがあったようなのですが、編み物ブームと言われる今、そんなのとタイアップってのは・・・ありやなしや。ニット・カルト・クイズなんてマニアックなのもたまにはいいかも。編み地を見て毛糸の名前を当てる、とか?

あ、テレビ番組誘致ならNHKの「おしゃれ工房」っていうセンもあるな。公開収録。NHKさん、キルトフェスティバルに続いてニットアウトもいかが?編みもの好きな著名人をゲストに呼んだりして。ミーハー魂全開ですが、"デザイナー"だけでなく、"ニッター"にもスポットをあてるということでもあったり。


・毛糸の新製品展示
メーカーが一堂に会し、各社の新製品をどーんと展示!
ついでに目安箱も設置。こんな毛糸が欲しい!とか、あの毛糸の復刻を!とか、ご意見どんどん募集します!


・パターンブックの質問受付
出版社が一堂に会し、あなたの質問にお答えします!
ついでに目安箱も設置。こんなデザインが欲しい!とか、あの本の復刻を!とか、ご意見どんどん募集します!

本場?アメリカのニットアウトなどでは、"ニットドクター"なるベテランさんが常駐してて、パターンブックの疑問に限らず、聞けば何でも教えてくれるという・・・。おお、なんてこったい。それって数年越しの編みかけに息を吹き込むチャンス!長年の疑問を氷解させるチャンス!すんごいベテランさんの技を見てみたい、知恵を受け継ぎたい・・・。編むだけじゃなくって、紡ぐとか染めるとか、そういうのも教えてもらっちゃったり・・・は贅沢すぎですね。

話がそれるけど、このニットアウトの告知ってネット以外でもやってるのかな。手芸店なんかにポスター貼ったりするのかしら。いや、ほら、ネットをしないニッターさんやベテランさんは事前に開催情報を知ることができるのかなあ、と老婆心。昨年の告知が出たのはたしか10月に入ってからだったと思うんだよね(会場(六本木ヒルズアリーナ)のイベント予定にもなぜか載らないのであった)。「毛糸だま」の秋号(例年08/25発売)にも出てなかったし(今年もなかったなり)。開催直前の告知となると媒体も限られちゃうから仕方ないのかなあ。せっかくの機会だから、いろんなニッターさんが集まれたらいいなあ。


・映画の編み物シーンメドレー
マニアックついでに。映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の最後に出てくる、いろんな映画のキスシーンだけつないだフィルム(<涙なしでは見られない)みたいに、編みものシーンをつないで、BGMみたいに流しとく。


それから、それから・・・。

・・・またしてもつらつらと書いてますが、なんだか、別に野外でなくてインドアのイベントでもいいじゃん!という感じがありありのような。
まま、確かにそうなんだけど、ニットアウトは気軽に参加できるのが魅力。偶然通りかかったらなんだか面白そうなことやってる〜ってふらりと立ち寄る人だっているでしょう。それがストリートさ<?
それに、メーカーが積極的に関わっているニットアウトTokyoは、普段なんとなくワンクッションある感じのメーカーとニッター(要は小口の一般消費者です)とがダイレクトに触れ合える場でもあると思うのだ。双方向に響き合うチャンス。よい相互作用を生み出そうではありませんか〜。


ケイ・エヌ・アイ・ティ・オー・ユー・ティ!"ニットアウト"!
秋の青空の下、あちこちから多くのいろんなニッターが街角に集う空前のニット・ミーティング。

・・・考えたら、こういうのは、自分たちでやれってことなのかも。そこまでメーカー主導であるべき意味もないか。待ってるだけじゃなくて、自分たちでやんなきゃいけないんだろうな。
でも、メーカーも、ただキットを配っておしまい、ではもったいないようにも思う。初めてさんを編み物ワールドに引き込んでそれっきり・・・じゃなくて、その後のフォローというか・・・そこから先は陰ながら後押ししてくれればいいなと思う。例えば、去年の初めてさんが今年は経験者として参加できるような仕掛けがあってもいいなあ、とか、うーん、細かい話だけど、都内(会場界隈でもいいです)の手芸店・毛糸店(願わくば流通の系列に寄らず、オリジナル糸販売店なんかも・・・贅沢ですね、ハイ)のマップやらリストやらを作って配布するとか。毛糸や編み物道具ってどこで買えるの?手芸店ってこのあたりだとどこにあるの?っていう情報って、よし、もっとやってみよう!というやる気を継続させるのに意外と重要なポイントである気もするのだ。

1億総ニッターでなくてもいいけれど、編み物が絶滅したら困る。その点はメーカーもニッターも同じではなかろうか。
 せっかく広げた裾野をどう維持するか。
 せっかく広げてくれた裾野をどう維持するか。
メーカーにもニッターにも、まだできることがあるのではないかしら。





編み物好きも 初めての人も
ひとりでも みんなでも
仲間とでも 知らない同士でも
カフェの片隅で 青空の下で
誰かのために 自分のために
編もう 自由に それぞれのニットを

May the KNITTING be with you.



[2006/09/13 初稿]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております!
ニットアウト考、じっくり読ませていただきました。いつもながらの深い洞察、感服いたしました。
田舎在住の私としては、これ以上編み物市場が小さくなってしまうのは本当に困ります。今でもパピーやリッチモアの毛糸を見るには車で40分かかるくらいですから…。
ニットアウトは私も参加したことないんですが、編みかけ持ち込みできたら本当に良いですね。初心者キットの配布は太っ腹だと思うけれど、「貰ってもなぁ」とも確かに思います。そもそも編み物人口の減少に歯止めをかけようというイベントなんだったら、もしかしたら経験者の参加は主催者の意向には沿わないのかもしれませんよね(ニットアウトの元々の趣旨は置いておいて…)。でもやっぱり、身近に編み物する人があんまりいない状況だから、こういうイベントで「編み物好きな人っていっぱいいるんだ!」という盛り上がりを感じたいものです。そういう編み物好きには、しろまるさんが挙げてらっしゃる新製品展示や質問受付などなどがあると、行きたいイベントになるなぁと思いました。
-aya-
2006/09/14 14:43
(すいません文字数制限にひっかかっちゃいました;;)

そういえばニットフェスティバルはもうやらないんですかね。結構楽しかったのに。ああ、ニットフェスティバルとニットアウトを足して2で割ったくらいのイベントないですかね。それにStitch'nBitchみたいのも足して…。
長くなってしまってスイマセン!とにかく是非今年も開催して欲しいものです。継続はナントヤラ、認知度が高くなるといいですよね。しかし発毛のコマーシャルに出てる貴公子はかなり宣伝に貢献してますよね。
-aya-
2006/09/14 14:44
秋らしくなってきたので、そろそろ〜って思って観て見たら更新されてました。
私はまだまだヘタッピだけどいつも参考にさせていただいてます。
(去年は輪編みでお世話になりました・・・)
ボランティアでできる事があるって嬉しいですね。
上手になるきっかけになるし!
でも・・・自分で作ったやつも外で着るのはなーとか躊躇しているので(^^ゞ
また遊びに来ますね!
naonchi
2006/09/14 16:43
ああ、しろまるさんの考えたニットアウト、なんて楽しい企画満載なんでしょう!編物業界が年々目に見えて小さくなっている中ですべての企画ができるとは思いませんがこの中のひとつでもあれば喜んで出かけちゃいます!特にストック交換(笑)いくらでも提供できますよ〜。
編物界の裾野、これ以上小さくなって欲しくないですよね。貴公子のようにはいかなくても何か私にもできることがないかと思うこと、たびたびあります。
ヌマコ
2006/09/14 20:26
もう、しろまるさんてば、いろいろ面白い事書くから反応しすぎて大変じゃない!(笑)
ボランティア系は興味あるし、あれだけたくさんの人が集まるのだから(行った事無いけどね)、みんなで力を合わせれば何か大きなことができそう!ニットで社会貢献、ニットで世界を救え〜!なんちて。
各社の糸の品評会も、もしあったら面白いな〜。大きな会場で「ニットショー」なんかが開かれるようになれば是非行ってみたい。(ちなみに来週晴海で開かれるスピニングパーティーって知ってますか?行ってみようと思ってます〜)
ニットアウト、今年は参加したいと思ってます。「みんなで編み物!」なんていう非日常的な空気、なかなか味わえないですからね〜。多分、キットはもらうし(みんなに溶け込むため)、編みかけも持っていくでしょう。欲張りかしらん?
がみ
2006/09/15 10:13
>-aya-さん
こんにちは!ニットアウトでの経験者、主催者側としてはそっちまで手が回らないと言うか、そっちはみなさんにおまかせします!と信頼されてるのかも?私も身近に編み物仲間がいないので、誰かが編むのや編んだものを見たり、編み物の話をしたり、分からないことを教えてもらったり、たまにはそういうことやってみたいなあと思います。きわめて井戸端会議的なゆる〜い感じで。
そういえば、去年はニットフェスティバルなんかもありましたね〜。そのときに好評だった「モードとしての編み物展」は各地のデパートなどで展示されてるそうですよ(近いところでは東京の日本橋三越で10/3〜8、http://www.nac-web.org/event-01-mode.html)。あとはクラフトフェスタ(http://www.craft-festa.com/index.html)かなあ。がみさんご紹介のスピニングパーティー、面白そうですね。
プリンスのCM、最初に出てくる編みかけのセーターを見ると、ああ、何か編みたい!という気分になります。
しろまる
2006/09/16 23:01
>naonchiさん
今シーズンは何を編む予定ですか?本屋さんに行くたびに新しい編み物本が出ているので嬉しくもあり、キケン(<本も糸もあれもこれもと買い込みたくなる)でもあり・・・。何か編んだら是非教えてくださいね。

>ヌマコさん
ストック交換、よく考えたら交換だとストックは減りませんね〜。むしろ増える可能性も・・・?こんなに消費に貢献してるはずなのに市場は縮小するなんて!<? ほどほどの規模でいいから、良質の市場が続いてくれるとうれしいんだけどな。・・・メーカーってどんな風に消費者(個人ニッター)のニーズをつかんでるんでしょうね。もちろんネットがすべてじゃないけれど、個人の編み物サイトやブログなんかも見たりしてるのかしら。
しろまる
2006/09/16 23:04
>がみさん
スピニングパーティーって、紡ぎだけかと思ってたら、結構いろんなこともやってるんですね。楽しそう!ニットアウト、きっと今年もやりますよね。行きたいと思いつつ、毎年必ずぶつかる義務的行事があって・・・むぅ。「編んでる」人に会ってみたいなあ。初めての人には、本で覚えるのもいいけど、実際に誰かに教えてもらうってすごく貴重な&いいチャンスですよね。あ!初めてさん用に、ストック毛糸を供出するってのはどうかしら。おお、しろまるニットアウトはそれで行こう!<?
しろまる
2006/09/16 23:17
はじめまして!編み物初心者なんですが、
ニットカフェをときどき試しに開いているので
すごーーーく参考になります!
フレンドシップニットとか、ニットボランティアとか、
すてきです♪
にきにき
URL
2006/09/18 09:38
>にきにきさん
はじめまして。サイト拝見しました。ニットカフェだけでなくいろ〜んなことなさってるんですね。すっごく楽しそう。札幌に行く機会があれば、是非ともお邪魔したいです。私のは思いつきばかりですが、なにか素敵な試みをなさったときには是非是非教えてくださいね!
しろまる
URL
2006/09/19 23:36
お久し振りです。しろまるさんらしい切り口のニットアウト論ワクワクしながら読みました。
フレンドシップニットとボランティアニットが上手く連動するといいなと思います♪
私は地元でボランティア活動をお手伝いしているのですが、障害のある方にも優しいバリアフリーなイベントに成長する事を願います!
joujouka
2006/09/20 13:33
joujoukaさん、こんにちは!
なるほど、そういう視点もありました。指編みやフレーム(リリアン)などを用いれば、もっと間口が広がりますよね。興味のある人が誰でも、それぞれのスタイルで楽しめるようなイベントになると素晴らしいなと思います。
しろまる
2006/09/21 12:40
博士・さすがです!!^^vなんちって?とか可愛げに言っちゃってますが><;。。(笑)
しろまるさんって、たぶんこういうプロデュース才能があるんだと思う^^
毎年のように、うちの最寄のユザワヤの毛糸売り場が小さく小さく・・扱い糸もどんどん減っていく中で(前回の記事を見て、早速視察に行ったら・・1フロアーあったのがその1/4になってました。。そしてお客もいない〜T_T)
これはニッターの立場から見て関係ないや!じゃなくて、私たちにも死活問題なワケで・・でもでも、しろまる博士の記事は特に業界の方達に読んで欲しいなぁ〜^^

スピニングパーティーは「パーティー♪」ってな名前だけで行ってみたい!^^行けるかな??あと、(新生児集中治療室)の赤ちゃんの為になら、トロい私も編めそうだし協力したいと思いました☆
そして、一番激しく同感したのが・・ニット初心者の最初のツマズキをどう補助して・・その後引き込めるか??という所。(最初のツマズキって、本なんか見ても意味が分らないから初心者?)
あーちゃん
2006/09/21 16:25
つづき。
これは私も1年半前に経験してるので、実際身の回りに教えてくれる人なんかいなかったし、じゃあ教室に通うにも仕事があったりで・・そんな中、手取り足取り教えてくれたのが、おろちさんの掲示板の皆さんで♪
一般の方々の力で、いろんな初心者ニッターさんが助けられて育つんだもん!プロ(業界の方達)もガンバラなきゃ!!今やこれだけのニッターさんBlog数がある中で、皆が皆最初から編めたワケじゃない・・どこでどうやって、そんなにイロイロ知識が付いたのか?とか、アンケートを取るのも面白いかも?編み図1枚くれたら、みんな喜んで質問に答えそうだし??(爆)私も、これから私たちよりももっと若い年代の方達に、どうやって見せたら引き込めるか??ってよく家で熱く語ってます^^;
もしかしたら・・「しろまるニットアウト」の方が、業者関連のKNIT OUT より人気出ちゃったりして!??ん〜。。それもまた面白い♪^^
あーちゃん
2006/09/21 16:26
はじめまして。
編み物三昧の掲示板経由で来ました。

しろまるさん、ニットアウトのプロデューサーになって欲しいです。
どの案も大賛成。

それと、私も初心者じゃないので、昨年「キットもらって悪いな」と思いました。
このイベントの趣旨にはそぐわないかもしれないけど、経験者が持ち寄って編んじゃうのもアリなんじゃないかと。
やったモン勝ちって事で、集まっちゃうのも良いかもしれませんね。
あと、私の案としては、ちょっと失敗しちゃったなーという物(本とか、糸とか)あるじゃないですか。そういうのを持ち寄って交換するのもいいなぁと思ったり。
神渡 りり
URL
2006/09/21 21:46
あうあう。
ストック交換って出てましたね。
よく読めって? 私おっちょこちょいで(笑)

でも、ホラ、今私も1冊あるんですが、海外通販で買った本が思ったほど編みたい物がなくて、でも他の人なら欲しいかも知れないし、死蔵品にするぐらいなら誰かにもらって欲しい…。
毛糸にしても、買ってから「アチャー」イメージと違ったよ、という、単に眠らせている在庫とは違うもの。
私、たまにやっちゃうんです。
というようなわけで、ちょっとニュアンスが違うかな、と(^^;
神渡 りり
URL
2006/09/21 21:54
しろまる博士〜!!パーティーのレポ・かなり?密かに?大胆に?(←三段活用ってこれであってる?><笑)
期待してますよーーーー♪^^v
あーちゃん
2006/09/22 21:08
>あーちゃん
なんちって・・・って・・・ふふふ、オヤジギャグとともに古き良き?日本語愛好家なのだ。
本屋さんで編み物本がずらりと並んでるのを見て、盛り上がって毛糸屋さんに行くとあれれ・・・?ってことありますね〜。それから、ほんとに初めてのときって、当たり前のように本に書かれていることが分からないんだよね。私も本で独学の口なので、最初はいろいろオリジナルな解釈で編んでたなあ・・・。そういうのってナゾが解けると、何が分からなかったのか忘れちゃうんですよね、きっと。だから本にも書いてなくて。アンケートって面白そうね。
スピニングパーティー、ちょこっとだけのぞけました。今日はまとめる時間がないので、戦利品の写真だけ載せときますね。がみさんのレポートの方が早いかも?

しろまる
2006/09/22 23:53
>神渡 りりさん
はじめまして。おろちさんのとこも見ましたよ〜。あのアニメのことを書き込んだのって私かも。奇遇!?念願のムービーが見られて大感激です!
ストック交換は糸だけでなく、本でも道具でも何でもありでもいいですね。本も通販だと表紙だけ見て買うものも多いから、想像とちがうことってありますよね。おまけに私なんて、なぜか2冊ある本なんかもありますもん。2本針の1本が無くなっちゃったのとかも、集めたり交換したりすると復活するかもしれない?
どっか適当な場所に集まって編む。ついでに余ってるもの持ち寄って、交換したり、「何やってるんですか?」「やったことないけど面白そう」と近づいてきた獲物?にはすかさずその糸やら針やらを渡して体験してもらう・・・なんてのも面白いかも。
リンク先のサイトも拝見しますね。また遊びに着てくださいませ。
しろまる
2006/09/22 23:59
しろまるさんの編物への熱意・愛情があふれてますね。やはり人間熱くなければ。
ニットフェスティヴァルって小耳に挟んだところによると十年に一回くらいの頻度でしか開催されないらしいですよね。キルトフェスティヴァルなんて毎年数日にわたって東京ドームとかで開催されるのに……。えらいちがいですよね。
この前ニットカフェでお話をうかがってて思ったんですけど、どうしても日本の編物界って「家元制度」みたいな感じがあって、それが閉鎖性を生んでいるような気がします。教え方もそうで、これは橋本治からの受け売りですけど、「こうやるのよ」って実演だけ見せて、「かんたんでしょ」って感じなんですよね。わからないと「なんでこんなかんたんなことがわからないの」って責められる。個々に発生するニットカフェとかニットアウトはそのあたりを打開してくれたりしないかな、ともうまったく他力本願な雅亮でした。
雅亮
URL
2006/09/27 01:36
こんにちは。私にも素人ニッターとしてできることがあるかも、といろいろ考えさせられました。
実は去年ニットアウトに行ってきたのです。彼女に一生懸命教わっている男の子がいたりして微笑ましかったです。開催を知っていて編みかけを持参した(と思しき)上級ニッターさんもいれば偶然通りかかった(と思しき)初心者さんもいたので誰が行ってもOKなのかなと思います。
そしてキットは購入するのかと思っていたので無料でびっくりしつつ何故か2個もキットを頂いてしまいました。帰りがけに
「編み物して行きませんか?」
「さっきかぎ針編みをさせてもらったんです。(紙袋を見せる)」
「こちらは棒針用ですからぜひ棒針にも挑戦してみてください!」
という感じ。初心者オーラが出ていたのかしら?
一応経験者なのに貰って良いのかしら?なんてどぎまぎしつつも罪悪感を忘れほくほくと帰ってきた自分がちょっと恥ずかしくなったり。
ロビンナイト
URL
2006/09/27 01:54
>雅亮さん
国際キルトフェスティバルは東京ドームで30万人だそうですからねえ・・・。へぇ、「家元」ですか。編み物「道」的に極めるのもいいけれど、もっと自由に楽しむニットがあってもいいですよね。橋本治のその話は、私も読んだときになるほどと思いました。あまたある基礎の本もそんな感じに見えたりもします。ニットカフェ、ニットアウト、可能性は大きいと思うのですが。
>ロビンナイトさん
ああ、すみません。そんなつもりでは・・・。キットをもらうのに罪悪感なんていりませんよ〜!誰でもウェルカムのはずだし、上手にコミュニケーションしてる上級者さんや初心者さんもいますよね。勝手なイメージですんません。経験者もそれらしくかまってかまって、という私のヤキモチでもあるかも。
楽しい光景のご紹介、ありがとうございました。今年もあるなら、是非参加して楽しんできたいです。

しかし、クロバーったら太っ腹ですよねえ。ありがとう!クロバー!
しろまる
2006/09/28 00:14
はじめまして、名古屋でニットカフェイベントを月一回主催してます、Rikoと申します。
実は来月10/8,9にニットアウトを主催することにしました。クロバーさんの協力をいただいて、キットを400個無料配布するのですが、私は初心者とベテランの方の交流の場にしてもらいたいと思っています。ニットアウト主催は初めてなので皆さんにアドバイスをいただきたいです!
Riko
URL
2006/09/28 13:24
Rikoさん、はじめまして。
サイト拝見しました。楽しそうですね。スイーツの写真にも思わず見入ってしまいました。お祭りでのニットアウト、400人分もキットを用意なさったのですか!なんだかこちらまでどきどきします。そちらのレポートも楽しみです。参加者みんながそれぞれ楽しみを見つけられるとよいですね。当日が編みモノ日和に恵まれますように。ご成功をお祈りします。
しろまる
2006/09/29 23:02
きゃぁっ、こちらこそ謝らせちゃってすみません。去年クロバーさんの気前の良さに感激した私が考えたことは「これからもクロバーの編み針買うぞ」というなんともピンポイントな恩返し法だったのでしろまるさんの視野の広さに感動したんです。卑屈な書き方しちゃってごめんなさい。

Rikoさん、はじめまして。
私もつられてどきどきしてます。ほんの数時間しか参加したことがないのでアドバイスなんて大きなことはとても言えないのですが、「わからないときは隣の人に聴いてみよう」みたいなキャッチフレーズがあると話しかけやすくなるのではないかと思います。去年、初心者ではないけど上級者でもない私は質問するのも教えるのも気が引けて、1人で黙々と編みながら周りの会話に聞き耳を立てる(!)という感じだったので。
ニッターも非ニッターもたくさんの人が集まりますように。
ロビンナイト
2006/09/30 11:18
>ロビンナイトさん
いえいえこちらこそ失礼しました。
そうそう、クロバーも協賛の糸メーカーも気前がいいですよね〜。
そして、そう!!!それだ!!!「輪からないときは隣の人に聴いてみよう」!!ああ、さすがロビンナイトさん!勝手にすんごいすっきりしました。
編み物という共通項があるとはいえ、やはり知らない人に話しかけるのってちょっと勇気がいりますもんね。釣り人を見かけたら「釣れてますか〜?」と言うように、挨拶代わりに「何編んでるんですか?」って気軽に声を掛け合えるような。そういう交流の手助けをしてもらえるといいかもです。ちょっとしたきっかけがあれば、編む者同士、きっと後は自然に回っていくと思います。
Rikoさん、素敵なニットアウトを!
しろまる
2006/09/30 23:17
はじめまして。
しろまるさんの、アイディアの豊かさに脱帽です。
「ストック交換会」良いですよね〜。私も、「もし私が毛糸屋さんだったら?」と考えた時に、お客さんの残り毛糸を安価(定価の四分の一?)で引き取って、別のお客さんに「お試し毛糸」として、その値段で買っていただけたらなァ♪等と色々考えていました。(お店を介した交換会?)
知り合いにちょっと仕事関係の人もいるので、しろまるさんのアイディア、紹介してみますね。
kamejirou
2006/10/02 21:37
kamejirouさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
すごい!具体的なアイデアをお持ちですね。そうですよね、毛糸屋さん経由の交換会とか、売ります・買いますとか、ね。あ、交換とは違うけど、余った毛糸の下取り(多めに買っておいて余ったのを、次に毛糸を買うときに引き取ってもらえる(ポイント制みたいにするとか?))みたいなことしてもらえたら便利かも〜。
10月になったけど、まだクロバーからお知らせがありませんね。今年はやるのかなあ。
しろまる
2006/10/03 22:48
クロバーさんのHPを見ると、今までの「ニットアウト」とは別の、「作家さんとニットカフェ」みたいな企画が出ていますね。今年は、こちらの企画に移行したのかしら?
kamejirou
2006/10/04 18:17
お祭りでニットアウト(Rikoさんのもそうだと思いますが)っていうのなんかもあって、あちこちで楽しそうですね。
東京のニットアウトは去年も告知が出たのは直前(運営上の配慮などでそうしてるのかな?とも思ったりも)でしたし、とりあえずは待ちますか〜。
しろまる
2006/10/05 19:19
しろまるさん,こんばんは.「しーな」改め「じーな」と申します.

しろまるさんのこの記事のおかげで,NICUの赤ちゃんのための編み物ボランティアのことを知ったので,早速編んでみました.

教えていただいてありがとうございました.トラックバックがうまく送れなかったようなので,コメントさせていただきました.
じーな
URL
2006/10/12 00:16
じーなさん、こんにちは!
私もこれを知ったとき、自分の好きなことで、こんな風に誰かの役に立てるんだ〜と思いました。無理せず気張らずにできそうなので、私もちょこちょこ編んでいきたいです。お知らせありがとう!
しろまる
2006/10/12 00:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニットアウトをプロデュース ・・・なんちって knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる