knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS Knit Cafe in OTEMACHI CAFE

<<   作成日時 : 2006/01/28 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

画像 都心のオフィスビルに1日限りのニットカフェが出現。
 しろまる渾身の潜入ルポ。







去る1月26日(木)、地下鉄大手町駅直結のオフィスビルの一画にあるカフェ、"OTEMACHI CAFE"にて、ニットのイベントが行われました。
ウォームビズを推進する省エネルギーセンターが主催するイベント型ニットカフェ、"Knit Cafe in OTEMACHI CAFE"です。
--
(財)省エネルギーセンター ニットカフェのページ
http://www.eccj.or.jp/knitcafe/
--
19:00からというオフィスニッターに嬉しい時間帯。
これは行かねば、行きたい、行くしか、行けたら、行こう!

画像というわけで、やってまいりました、大手町。
会場に到着すると、受付で"例のバッグ"を渡されます。
今や編み物ファンなら知らぬ者のない(かもしれない)緑のバッグ。

バッグの中身は・・・→

省エネのパンフレット類と、毛糸2玉、棒針2本。
毛糸はダイヤのダイヤブラン、棒針はニットファン垂涎(かもしれない)のクロバー特製針(14-15号くらい)。

19:00の定刻を少し過ぎてイベント開始。定員80名がほぼ満席。
まず、今日のニットカフェの趣旨や、このOTEMACHI Cafeという場所自体が省エネやリサイクルといった理念のシンボルということで、その説明など。
それから赤いニットに身を包んだ広瀬光治氏が登場。
イベントの趣旨に沿ったエピソードを交えつつの編み物談義。よどみなく40分。
広瀬さんを見るたびに、ほんとにすごい人だと思う(偉そうな言い方かしらん。失礼だったらすみません)。
なんというのか、いろんな意味でプロフェッショナルとでもいいましょうか、むぅ、うまく言えないな。

画像
ともかく、トークが終わりまして、次は編み物講習会。課題はガーター編みのマフラー。
如意棒・・・じゃない、巨大棒針を手に冴え渡る広瀬節。

一通りの説明の後、各自ニッティングタイム。
同じテーブルや近くのテーブルに座った者同士で見せ合ったり教え合ったりしながら編む。
インストラクターという名札をつけたスタッフがずいぶん大勢いて、親切に教えてくれる。
広瀬さんも会場内を廻りながら質問に答えていく。

と、そんなこんなでイベント終了。あっという間の2時間でした。
 ※覚え書き 昨年のニットフェスティバルで好評だった「モードとしての編み物」が秋から
         全国のデパートを巡回展示(東京は銀座松坂屋だったかな)。

あっという間だったけれど、とても楽しいひとときでした。
みなさん編んでるうちに自然と笑顔になってるのが素敵でした。
同じテーブルに座っていた初めてさんが、作り目をして、何段か編んだ後、
「さっきまで編み物なんてなにもできなかったのに、もう今はこんなもの作れてる〜!」
とほんとに楽しそうに言っていたのが印象的でした。

参加者80人のうち、編み物が初めてという人は半分かそれより多いくらい。
意外な気がしました。こういうニットアウトって、実は経験者が多いような気がしてたので。
このイベントは午後の早い時間にも行われていたのですが、そちらの会では参加者約30名のほとんどは経験者だった(初めてというのは3人だけ)と言っていたし。

編み物をやったことのない人に告知する(しかも効果的に)っていうのは結構難しそうでしょ。
今回、編み物初めてという人は、このオフィスビルで働いている人が多いようでした。
オフィスにチラシが配布されたとのことで、それを見て来た、と。なーるほど。

私はこれをてづくりタウンのサイトで知りました。
手作りタウンを見て来る人は初心者じゃないでしょう、きっと。
といって、その人が初めてさんを誘って来るっていうのはなかなか。

そう考えると、オフィスに告知っていうのはとてもよかったのだと思う。
誘い合って来やすいもの。昼休みに一緒にチラシを見ていて、行かない?行きたい!行く?行けば?行こうよ!って。
編み物をやったことのない人が、やってみようかなと思ったこと、実際に参加したこと、というのはとてもすごいことだと思う。
そういうときに、広瀬さんというのはとてもインセンティブになるのだと思う。

というわけで、昼の部の参加者は手作りタウン組、夜の部はオフィス広告組、ということだったのではないかと勝手に推測。
このニットカフェは、いろんな要素がうまく組合わさった成功例と言えるのではないでしょうか。
新しい都心型イベントとしても面白い試みなのではないかしらん。

スタッフの皆さん、広瀬さん、お疲れさまでした!ありがとうございました。

ところでこのOTEMACHI CAFE、なかなか素敵な空間です。
店内にはたっぷりと植裁があって(ちいさな森みたい!)、植物からマイナスイオンが放出されているとか。
オフィス街(というかオフィスビル内)だからランチタイムなどはちょっときびしいかもしれないけど、時間を選べば居心地よく編み物できそう。
大手町ニッターのたまり場になったら楽しいですねえ。
ニッターだけでなく、ビーズとかタティングとかオフィス街のモバイル・クラフターも集まれ!と。
ビルの地下街には商店街があるんだけど、そこにちょっとした毛糸ショップ(クラフトショップ)があれば完璧!

いつものごとくの夢想になりますけれども、こういうカフェベースというか、ワークショップ型あるいはイベント型のニットカフェというのも楽しいのだけれど、毛糸ショップ(クラフトショップ)ベースのニットカフェ(クラフトカフェ)があったらいいなあ、と思ったりします。
で、私が目をつけているのが(?)、ホビーラホビーレ
店舗は小規模だけど一通り手芸ものをそろえてるし、ディスプレイも凝ってるし、小物類、キット類が充実してるから、そういうの(どういうの?)に向いてるんじゃないかなあ。
毛糸もかわいいの多いし。毛糸だけじゃないから通年OKでしょ。
小規模っていうのが逆にいいじゃないですか。デパートにしか入ってないんだよね。どういう経営戦略なのかなあ。
ホビーラホビーレがちょっと都会のクラフトカフェっぽい展開に・・・っていうのは意外と現実路線な気がしないでもないのだけれど。
ちょこっとのぞいたことしかないんだけれど、ラ・ドログリーなんていうのも雰囲気よさそう。
もちろん、ほかのお店でもぜ〜んぜんいいんですよぅ。私の中でイメージ的に近そう(早期実現できそう<おいおい)なのがこのあたりかな〜なんて。
ディスプレイの素敵な毛糸ショップさんでも(こういうお店はすでにニットカフェっぽい気もする)。新規参入でもオッケーですよぅ(<だから、おいおい)。
毛糸メーカーはどうなんだろう。ショールームとかアンテナショップ的に。やってくれたら楽しいと思うんだけど・・・。

お店のすみっこにテーブル置いて、どうぞご自由に編んだり縫ったりしてください、と。お店の前でもいいよ(冬は寒いか・・・手がかじかんで編めない?)。
ニット"カフェ"だからといって手芸屋さんがドリンクやお菓子を用意する必要もなくて、隣にスタバやタリーズやドトールがあればそれでよし、とも思うわけ(個人的には禁煙店を希望)。
そこでコーヒー買って持ってきたり、あ、手芸屋さんから注文できたら楽しいなあ。
ミスドなんかでもいいかも。あ、マザーリーフとかも。
本屋さんの中にコーヒーショップがあるところもあるじゃない。あんな感じもありじゃないかしらん。

・・・おおっと、空想に励んで大事なことを忘れていました。
このイベントはウォームビズ・省エネ推進活動の一環ということなのですが、会場にこんなポスターがありました。
画像

一見なんでもなさそうだけど、寄ってみますと・・・
画像

なーんとニットなのだ!面白いね、編み物のポスター。手編みなんだって。
2月1日から1週間、山手線の駅に掲示されるそうなので、マニア(おい)は要チェック!

・・・そのうち、「環境大臣がニットカフェに登場!ウォームビズをアピール」なんてこと・・・ない?
もしくは、大使として広瀬さんがニットアウトキットを大臣にお届け。で、一緒に指編みするの。
ブームと言われる今、ニット界、アピールの大チャンス!?

画像さてさて、講習会のお題はガーター編みでしたが、「編める人はお好きな編み方で」とのことだったので、私はドライブ編みをしていました。
そしたらば、「それどうやって編むんですか?」と何人かの人に聞かれました。
ドライブ編みってガーター編みのバリエーションだから簡単。でも編み地にいろんな変化がつけられて便利。
簡単に編み方を書いておきます。




-----------------
画像<ドライブ編み>

今回は4段で1パターン。
パターンは、1段目でドライブ編みの操作(針に糸をぐるぐると3回巻き付けて表編み)、2〜4段は普通にガーター編み。
この4段を繰り返すだけ。
1パターンの段数や巻き付ける回数はお好みで。パターンごとに巻き数を代えても面白いかも。

使用糸:ダイヤブラン(ダイヤ毛糸) ※標準ゲージ 12-13目/17-18段(14-15号)
使用針:14号程度の棒針
※糸、針もお好みで。細めの糸(モヘアやリボンっぽい糸でも)を太めの針で編んでもいいし、夏糸でもまたよし。
出来上がり:巾=16cm 長さ=1玉で80cm弱

-----------------
作り目(1段目):15目(お好みで何目でもOK)

準備(2〜4段目):表編み

ここからパターン開始
 5段目(パターンの1段目):
 表編みを編むように針を入れて糸を掛けたら、普通は1回糸を掛けるところを
 さらに2回(つまり合計で3回)針に糸を巻き付ける。
 そのまま表編みの要領で3回巻きした右針を左針の目から抜く。
 3回糸を巻くこと以外は普通の表編みとまったく同じ。
画像画像画像
 6段目(パターンの2段目):
 表編み。編む目は3回巻きされているけれど、普通に表編みを編む。
 編むと巻いた糸がほどけて編んだ目がたてに長〜くなる。
画像画像画像
 7段目(パターンの3段目):表編み。
 8段目(パターンの4段目):表編み。


以下、この4段の繰り返しで好きな長さまで編む。(パターンの4段目で編み終わるようにする)
最後は伏せ止め。
-----------------

画像
参考:ダイヤブラン1玉で約80cm、ドライブ編み20パターン+パターンの3段目まで編めました(上の写真参照。残り糸は35cm。1玉で終わるなら20パターン編んで伏せ止め、ですね)。
80cmだとちょうど胸の前でクロスできる長さです。





余談ですが、もらった棒針、会場で編むときは別に何も思わなかったけど、帰っていつもの通り1号針で靴下を編み出したら、え!?この針こんなに細かったっけ???と、その頼りないこと、頼りないこと。
細い針から太い針への移行よりも、太い針から細い針への移行の方が感覚的なギャップが大きいようです。



で、潜入ルポって?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
編み物しましょトラックバックピープルからジャンプしてきました。はじめまして♪レポート、とっても楽しく読ませて頂きました。わたしは田舎なので、こういう有名な広瀬先生の講習会うらやましいです♪参加した気分になれました★★★それにしてもビッグな如意棒!(*⌒ー⌒)vこういうのがあるんですね★これなら会場のすみっこにいても分かりやすそうだし、ニットアウトカフェ・・憧れです。このキットもすごく欲しくなってしまいました。棒針は何年もしていないので私はすっかり忘れてしまいましたが挑戦してみたいです。編み物ブーム、やっぱり密かに火がついてるみたいですね♪
maru
URL
2006/01/29 12:29
広瀬先生はテレビで何度か拝見しました。気さくで優しくて楽しい方ですよね。私も地方在住なので、講習会やイベントには行けません..しろまるさんが羨ましいです。唯一の楽しみは、年に1.2度、電車で浦和の[ユザワヤ]へ行き、両手に紙袋一杯の毛糸を買い込む事!今年もいつ行こうかとムズムズしています。(いつ編むんだろう?)
かいぴ〜
2006/01/30 00:43
maruさん、初めまして。どうぞよろしく。
かいぴ〜さん、こんにちは。
ニットカフェやニットアウト、東京以外でも徐々に増えつつあるみたいですし、広瀬さんも日本中飛び回っていらっしゃるので、そのうちにチャンスがあるかもしれませんよ〜。
私はかぎ針編みがどうも苦手なので、maruさんみたいな繊細な作品にはため息です。
かいぴ〜さん!毛糸を見るのって楽しいですよねえ・・・買うのはもっと楽しい<?
毛糸もバーゲンのシーズンですねえ・・・ああ、キケン!
しろまる
2006/01/30 12:59
しろまる様♪
図々しく失礼いたしますm(__)m
そう!あの記事のそのイヴェントに参加されたのですね!?よろしゅうございましたねぇ(羨ましい)。
洋服系のバーゲンにはあまり興味のないわたしですが、雑貨やらアクセ素材やら毛糸・布やら…あぁ、キ・ケ・ンな季節到来ですぅ。
しろまる様は、どのあたりに出没を予定されていらっしゃるのでしょうか?
juri
2006/02/04 10:28
juriさん、こんにちは。
私はとりあえず新宿のオカダヤでひと暴れ?してきました。あとは、青山の三ツ葉屋さんもまたやっつけに行かないと。<??
juriさんは布(ソーイング?)やアクセサリーもなさるのですね。
それではますますバーゲンは楽しくキケンですね。お互い全力を尽くしましょう〜<???
しろまる
2006/02/04 21:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Knit Cafe in OTEMACHI CAFE knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる