knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS [本]DVD付き!はじめて編むマフラー&ベスト

<<   作成日時 : 2005/12/02 20:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

百聞(百読?)は一見にしかず。
"はじめてのマフラー"をあきらめる前に!

--------------------------------------------------
はじめて編むマフラー&ベスト
(ハマナカ手芸手あみ糸作品集)
レディブティックシリーズ no.2203
出版社: ブティック社 ; ISBN: 4834722031 ; 2004/09
--------------------------------------------------

去年発売の入門書です。
「業界初のDVD付き!」とあるように、テキストには「マフラー21作品、ベスト8作品」のパターンが掲載されていて、DVDにその詳しい編み方解説の動画が収録されています。
動画で解説されているのは主に以下の5パターン。
 ・ガーター編みのマフラー
 ・ゴム編みのマフラー
 ・縄編みのマフラー
 ・シンプルベスト(長方形の見頃をとじ合わせるタイプ)
 ・Vネックのベスト
ほとんどまっすぐ編むだけのほんとに基本的なものばかりですが、Vネックのベストでは減目や輪針を使った輪編みも出てきます。

「はじめて」本や基礎の本って、たくさん出ているけれど、その多くは不思議と中身は(表現も含めて)大差ないというか、なんていうか、同じことが同じように書いてあるのが多いような。
内容が「基礎」だから、当たり前といえば当たり前なんだけど。
でも、本を見ながらひとりで頑張っている者にとっては、書いてないところやさらりと流されているところが分からないってことが多いんですよね。
1冊読んで分からなくて、別のを買ってみてもやっぱり分からなかったり。
大胆な言い方ですが、ある本に書いてあることはどの本にも書いてあって、ある本に書いてないことはどの本にも書いてない、みたいな。

この本も、内容としてはいわゆる普通の基礎本、はじめて本なんですが、百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、やはり動画の威力は大きい。
書いていない(書くまでもない)ところが「見え」たりするわけで。
例えば、一段編み終わって編み地を返して編み戻る、そんなささいなところ。
テキストの文字や写真を追って、そうだろうとは思っていても、あ、これでいいんだなって確認できるのは意外と重要なのではないかと。
それに、ほんとの初めてさんだと、編んでるところ見たことないって人もきっといるはずで。
そんな人には、まず、編むという作業のイメージをもつということはとても重要と思うわけです。
動画での解説、教えてくれる人が身近にいない人などには心強い味方になると思うのです。
ワタクシなんぞ、実際に編んでいる手元ってなかなか見る機会がないので、ついつい見入ってしまいます。

動画の中で面白いと思ったのは、今この目を編んでいますっていうのが、カラオケの歌詞のように色の変化で分かるようになっているところ。
画面の上半分が編んでいる手元の映像、下半分が編み図の映像になっていて、編み図映像では、手元映像で編んでいる目に対応する編み目が赤くピカピカしてるの。
で、編み終わると青く塗りつぶされて、次の目が赤くピカピカ。
そうです。つまり、奇数段ではこの赤いピカピカは右から左へとすすみ、奇数段を編み終わり、編み地を返して次の段(偶数段)を編み始めると、赤いピカピカは編み図の左から右へと進んでいくわけです。
平編みの編み図の読み方って初めてだととまどってしまうと思うけど、こういうの見たら分かりやすいなあと思いました。

完成作品、使う道具の紹介、ゲージの取り方と始まって、仕上げまで一通りの行程が紹介されているのもいいなと思う。
アイロンがけもちゃんとひとつの行程として説明されています。

もうひとついいなと思ったのは、最初に作業行程の全体像が示されるところ。
ベストなら「後ろ身頃を編んで、前身頃を編んで、肩をはぎ、脇をとじます」と、まあそれだけなんですけど、作業中に悩んだとき、全体が分かっていると解決策が見つかることもあるし。
あとあと、自分がいまどこでなにをやっているのか分かりやすくなると思います。

微妙に気になる点としては、動画の最初の「針の持ち方」ではアメリカ式とフランス式の両方が紹介されていますが、編み方の動画解説ではアメリカ式のみだというところ。
世の編み物本はフランス式が多いと思うのですが、ハマナカ的にははじめてさんにはアメリカ式奨励なのかしら。
そんなに大きな問題ではないはずだけど、すでにフランス式で針をもっている人の中にはとまどう人もいるかもですね。
もちろん、この本がほんとの「はじめて」なら、アメリカ式を覚えちゃえば全然問題ないわけだけど。

それから、せっかくなので、もう少し細かいインデックスを作ってもらえるといいかな。
DVDのメニューじゃなくても、テキストの巻末でもいいから。
こういうテクニックがこのチャプターにあります、っていう索引のようなもの。
動画収録テクニック一覧を出版社等、本の紹介されてるサイトの内容の欄に書いたりすればいいのに、と思います。
この本に限らないけど、ネットで本を買う人が多い昨今、特に編み物本なんて実店舗だとそうそう品揃えも充実しているわけではないからネット購入が多いと思うんです。
編み物本出版社はもうちょっと本の内容紹介に力を入れる、というか、サービス充実してほしいなあ。

とまあ、何の義理もないのになにやら力が入っていますが、ワタクシとしてはとても面白く貴重な試みだと思っているわけです。
お値段1,050円(2005年11月末現在の定価)。
パターンは単純で簡単なものばかりとはいえ、動画撮影・編集のコスト(と売り上げのバランス)を考えたら、そうたびたびは実現できない企画じゃないでしょうか。(実際どうかは分かりませんが)
続編で帽子なんていうのもよさそうですけどねえ。
兎にも角にも、ブティック社とハマナカに拍手。ニット界のブレークスルーたれ。
しろまる印贈呈!<?

こういうの、オンライン販売というか、動画配信みたいなサービスって成り立たないもんだろうか。
日本ヴォーグの「はじめての手あみ」シリーズなんて、DVDつけろとは言わないけれど、編み方解説の動画を作って、オンライン販売みたいなことしたら・・・いいんでない?
有料だとだめかなあ。本を買った人だけアクセスできるサイトにする、とか。
基礎の動画なんて、一度作ればほとんど改変の必要もないからきっと使い回しもきくし、まずは販促の一環として一気呵成にやっちゃうっての、どうでしょう。

クリスマスまでにシンプルなマフラーを編みたい!
 編み物初めてだけど!
  教えてくれる人いないけど!
という方。
作り目がどうしてもできない!
 作り目はできたけど次が分からない!
  ゴム編みがゴム編みになってない!
という方。
ゴールへの(近)道はここにあるかも!?
あきらめる前にもう一度、手芸屋(本屋)さんか図書館へ!

※おまけ※
編み方動画をおいてくれているサイトをいくつか。
  「楽しい手芸のハマナカ」 http://www.hamanaka.co.jp/
   「Lesson」コーナーの「手あみの基礎 動画でやさしく解説」に作り目、表目、裏目の動画。
  「クロバー」 http://www.clover.co.jp/
   「手づくりムービー」のコーナーに少々。広瀬光治氏(・・・若い?)解説のものもあり。
  「ぴえろ」 http://www.rakuten.co.jp/gosyo/
   トップページの下の方、左側のメニューにある「初心者向けマフラー編み方レッスン」のバナー、もしくは、マフラーキットのページにリンクあり。基本的なテクニックの動画。
  「KnittingHelp.com」  http://www.knittinghelp.com/  (英語)
   すごすぎる。CDとして販売もされているという・・・ちょっと欲しい・・・。<編んでる手元マニア
  「Metu et Knit(ミツエニット)」 http://knitkit.jp/
   なんと、編み方動画収録のCD-ROM付きキットを販売。
   動画の一部(初級編)はサイトでも見られます。

  日本ヴォーグ社の「手づくりタウン」内の通販で、説明DVD付きの小物キットを扱っているようです。
DVDのほかもちろん材料と道具一式。道具には編み針だけでなくとじ針も入っているから、初めてでもこれだけ買えばすんじゃいますね。
  [手づくりタウン]→[あみもの]→[キット]→[小物]
  (2006/10/25追記)

はじめて編むマフラー&ベスト (レディブティックシリーズ―ニット (2203))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[本]DVD付き!はじめて編むマフラー&ベスト knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる