knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS [FO]両面編み込みのリバーシブルミトン

<<   作成日時 : 2005/10/12 23:22   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
何の変哲もないハート模様のミトン。
ですが、くるりんと裏返すと、現れますは色違いのハート模様。
リバーシブルのミトンです。

2003-04の冬に試行錯誤の末に編みあがった思い出深い一品です。
(完成したのは3月だったという・・・)
白地の面とピンク地の面を別々に編んで組み合わせたのではなく、両面を同時に編み込みで編んでいきます。
編み方は・・・えーと、針に白地の面の目とピンク地の面の目が交互にかかっている状態で編んでいきます(袋編みの要領・・・といっていいんでしょうか?<自信なげ)。
輪編みで、ずっとどちらかの面(たとえば白地面)を見ながら、見ている面(白地面)の目は表目を編み、裏側の面(ピンク地面)の目は裏目を編む(=白地もピンク地もメリヤス編み)、という具合。
そう編みながら、パターンにしたがって目ごとに色を入れ替える(一方の面の目が白ならもう片面の対応する目はピンクになる)わけです。
説明があんまりうまくないですが、たしか、このミトンができたちょうどすぐ後くらいに、NHKのおしゃれ工房で冬のソナタのマフラーとしてこの両面編み込みが紹介されていたので、今やご存じの方も多いかも。
みっちりふかふかで、とってもあったかいですよ〜。

おろちさんの楽しい編み物サイト「不埒な編み物三昧」の「手袋展示場」に、編み方の概要などちょっとしたレポートを載せてあるので、興味のある方はそちらもどうぞ。
掲示板の過去ログにその頃の騒動?も記録されてます。
    旧掲示板 No.323 ・・・このミトンの完成報告
    旧掲示板 No.248 ・・・騒ぎの発端となったリバーシブルヘアバンド

ほんの偶然でこの両面編み込み(※)なる編み方を知り、このミトンのパターンを見つけ(柄はオリジナル)てやってみようと思い立ったのですが、編み方解説は英語のものしかなく、終始、これでいいのかなーと思いながら編んだっけ。すごく楽しかった。
なんせ試行錯誤なので、出来上がりはいまいちなんですが、できあがったときはなんだかものすごい達成感だったなぁ。
それであちこち見せびらかすんだけど、編み物しない人にはなにが面白いのかよく分かんないようで、こちらの興奮が伝わらないのだった。
(※)勝手に私がそう呼んでいる。洋書では"Double Knitting"などと呼ばれたりもしているが、"Double Knitting"と書いてあってもこの編み方のことではないことも多く、必ずしも統一的な呼称はない模様。リバーシブル編み、ダブル編みなどとも。(しろまる調べ)

ともかく、このミトンを編みながら、いろいろと勉強(?)になりました。
袋編み、二重編み(嶋田さんの新刊で紹介されている編み方ですね)、両面編み、このあたりはとてもよく似ていて、でもちょっとずつ違うようです。
せかっく分かったこと、まとめたことをどこかに書いておこう、サイトでも作ろうか、と思ってから、ああ、幾星霜。
そうさ、こんなことを始めたのも、その大目的があるからさ。ぼちぼちと、でもちゃんと書いていこうっと。

<データ>
参考パターン:"Reversible Two-Faced Mitten" in Homespun Handknit: Caps, Socks, Mittens & Gloves by Linda Ligon (Editor) pp.109 を元に、サイズ、模様を大幅に変更(もはや原型をとどめず)
出来あがりサイズ:4-5歳くらいの子ども用
使用糸:パピー プリンセスアニー 両手袋で白、ピンクともそれぞれ1/2玉程度
使用針:5号短針(5本組み)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[FO]両面編み込みのリバーシブルミトン knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる