knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS "knotions"創刊にかこつけて

<<   作成日時 : 2008/08/07 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

新しいオンライン編み物マガジン"knotions"(英語)が創刊されましたね。

---
knotions
http://www.knotions.com/
---

発刊の経緯はよく知らないのだけれど、"Magknits"の後継といってよいのかしら。
アーカイブには見覚えのあるパターンが掲載されてます。
"Kaibashira"なんて名前のソックス、あったねえ。
パターンの訂正などがRSSで配信されるのは便利で嬉しいですね。

knotionsに限ったことじゃないけど、フリーのオンラインマガジンの維持と継続って大変なんだろうなあ。
広告があるといえども、編集者やデザイナーの個人的ないろんな負担も小さくないんじゃないだろうか。
敬意と謝意を忘れずに、大事に利用させてもらおうと思います。


***

アメリカのthe Craft Yarn Council of America(CYCA)という団体(正式な和訳があるのか存じませんが、直訳すると、アメリカ手芸糸協会、でしょうか)の調査(2004年)に基づく推計によると、アメリカの編み物ファン(棒針編みおよびかぎ針編み)は3千8百万人とも。・・・編み物ファン、といっていいのか分かりませんが、熱心に編んでいる人、みたいなところでしょうか。翻訳センスはともかく、ここではひとまず編み物ファン、としておきます。
あるいは、棒針またはかぎ針編みができる女性は3人に1人(5千3百万人)、ということらしい(これをもってアメリカの編み物人口、と言う人もあり)。
(概要をナナメ読みしているので、勘違いなどあったらすんません。以下同じ)
同じ年のアメリカの人口は2億9千万ほどだから、編み物ファン層は、人口の約13%。視聴率なら(あれは世帯単位だけど)そこそこだ(ですか?)。

日本の人口が現在1億3千万弱(2005年)。同じ比率で計算すると、編み物ファンは1千8百万人!なんてことになるんだけど、実際はどうなんでしょうね。
日本ヴォーグによりますと、「毛糸だま」の発行部数が平均10万部だそうな(ちなみに「世界の編物」が8万部、「ニットmarche」が8万部)。
そして、参考になるのかどうか我ながら疑問ですが、「おしゃれ工房テキスト」のそれは29万部余り(参考:日本雑誌協会)。
編み物ファン(くれぐれも、ここで言ってるだけです)とはなんぞや、という大問題はさておいても、コアはこのくらい(数十万のオーダー)なのかなあなどと思ったりする。
例えば、全国の編み物教室の生徒数を合計したらどのくらいになるんだろう。ニットカフェに行ったことのある人は全部でどれくらいなんだろう。アクリルたわしを編める人はどのくらいいるんだろう。毛糸を買う人はどのくらい?編み物ファンは、編み物できる人は、日本にどのくらいいるんだろう。
ちなみにアメリカ、男性ニッターは260万人だそうですよ。相対的に少数派とはいえ、すごい数ですなあ。

このCYCAの調査というのは、いわば手芸糸のマーケティングのために行われているもので、編み物ファンの多くは1かせ2〜7ドルの糸予算という傾向は変わらないけれども、それより高い糸を買う人の割合は増えている!(2005年調査)とか、糸代が一番かかるのはブランケット類(原文ではアフガンafghanやスロウthrow。日本語でなんていえばいいんでしょ)で平均約36ドル(同)だとか、1年に編む作品数は平均21.2だ(2007年調査)とか、棒針編みとかぎ針編みの割合は4:6だ(同)とか、次に編むものを決めるまでに平均2回手芸店に行く(同)とか、過去1年間に平均7.4回糸を買った(同)とか、まあそいういう話なわけです。
ふむ、私も普段使う糸の値段はそのくらいだな(ていうか、2〜7ってレンジ広いような)。糸を買う回数・・・どうだろう。ブランケットはたくさん糸使うからねえ・・・。1年に21個も編んでないなあ。
なお、この調査、1994年から2年ごとに行われていたのが、編み物ブームの急騰に、2004年に続いて2005年に急遽実施(その次はまた2年後)という即応ぶり。いぇーい。<?


ネット利用についての結果も少々。
プロジェクトのアイデア(<もはや訳でもなし)をどこから得るか、という項目を分かる範囲で見てみると。

調査年200420052007
1位本 30%本 39%雑誌 47%
2位雑誌 25%雑誌 35%友達・家族 40%
3位友達 20%友達・家族 24%本 31%

ネットでプロジェクトのアイデアを探すというのは、2004年で10%(第4位)とあるけれど、以降は同じ数字が見当たらず。
目につくところでは、2005年は31%がネットを利用(アイデアを得る、パターンを探す、糸などを購入する、編み物ファンと交流)とあり、2007年はネットを利用している編み物ファンのうち、パターンを探す、新しいプロジェクトのアイデアを得る、はいずれも2割弱で、オンラインヘルプの利用は4割(35歳以下では65%)といった状況。
ネット利用っていうのは、全体からしたらまだ上位には出てこないけれど、急増しているし影響も大きい、ということのようです。

友達・家族の存在が依然として大きいというのが、なんかいい感じ。編み物ってもともと生活の一部なんだろうし、リアルなコミュニケーションになじむもの(ていうかそもそもそういうものなんだよね)。ネットのニッター達も、ニット・ミーティングひいてはニット・カフェへと、ネットを介してリアルなコミュニケーションを手に入れたり。

編み物のオンラインマガジン(フリー)といえば、の"knitty"は2002年の秋号が第1号。
今はなきMagknitsの創刊は2004年春頃であったらしい(2008年春廃刊)。
毛糸店や個人のサイトでフリーパターンが公開されだしたのはいつ頃からなんだろう。
Wendyさんがつま先から編む靴下のパターンを公開したのは2002年のことみたい。
Ravelryの登場でまたひとつ編み物のネット事情が変わるんだろうな。
こんなにニットとネットがハマるなんて、少し前までは思いもよらなかったことかもねえ。
そういう編み物ネット文化史、どこかにまとまってないかなー。

アメリカ並みの規模があれば、雑誌(オンラインもオフラインも)や本(ブログ発の本も結構あるよねえ)やテレビ番組やポッドキャストやあれやこれや、いろいろ成り立つんだろうか。
必要なのは"13%"なんだろうか、"3千8百万"なんだろうか。
それだけの規模がないとだめなんだろうか。
編み物のあちら側の人達には、私たちはどんな風に見えてるんだろう。
文化や生活、伝統の違いなのかなあ。
やっぱり靴下あっての編み物なのか(その割に2007年に靴下を編んだという編み物ファンは9%。へー)。


まとまらないまま書き逃げ御免。





関係ないけど、NHK教育テレビでよく見られているのは軒並み幼児番組で、最高でも2%台(NHK放送文化研究所の2008年6月調査による)。
趣味系番組の最高は第9位「趣味の園芸」1.6%。
視聴率1%あたりの推定視聴者は118万人だそうなので、1.6%は約189万人。
これはガーデニング人口のひとつの目安になるのでしょうか。庭いじりをする人はきっともっともっと多いよねえ。
果たしておしゃれ工房は?(サイトでは10位までしか分からない)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいねー!おもしろい!よくこんな情報見つけて来ましたな!CYCAってすごいマニアックなスタッフが揃ってるのかな?きっとここの就職したら、私、結構楽しいと思う(笑)
読んでて、棒針よりもかぎ針の方が人口が多いって言うのが意外な気がしました。日本だと、なんとなく最近は棒針の方が主流なのかなあ、、、と思うし。子供の頃に見てた本では、圧倒的にかぎ針の方が多かったと思うけど、、、機械編みが浸透していた(今はほぼゼロ??)せいもあっての事なのかな、、、。
maggknit無くなっちゃって残念だったんだけど、knotins magazineなんていうのがオープンしてたなんて嬉しいな!これからがんばって欲しいよね。それにしても、、、編み物人口って結構いるじゃん♪

庭いじり、わたしは好きよ〜ん。189万1番め、、、かな?(笑)
がみ
2008/08/07 23:15
3千8百万人って聞いてから10万部って聞くと、少ないみたいだけど、すごい数だよね。毛糸だま読者だけで"Stitch'n Pitch"が3回満員になるよ。完全に個人的趣味ですが、WWW以前にもメーリングリストなんかもあったようだし、その辺からたどってみたい気も。
棒針とかぎ針の割合は、プロジェクト数で計算されてるみたい。かぎ針で小物を作る人が多いってことかもね。あみぐるみとかも人気あるみたいだし。ちなみに、かぎ針>棒針になったのは1994年の調査開始以来初めてだとか。
がみさんの庭いじり、存じてますよ〜。ついでに「趣味の園芸」テキストの発行部数は45万9千部だそうな。どえりゃー数だがや。
しろまる
2008/08/09 01:54
しろまるさん、ご出産おめでとうございます!
そして、さすが!しろまるさん!!の素敵な情報ありがとうございます。
「編物はやっているよね」とか「最近鉤針編みのほうが多いよね」とか、色々言っていても、ちゃんとしたデータがなくて、私は雰囲気だけで言っていたのですが、アメリカでは、こんな資料があるんですね。びっくり!
日本だと、例えば日本で一番売れていウールの手編み糸って何?と言うのも、よくわかりませんよね。何なのかなぁ〜?
"knotions"も早速見てみます。
フリーパターンに対して、「敬意と謝意を忘れずに」という、しろまるさんの意見には大賛成です。
それが無くては、ただの「くれ!くれ!!」のおねだりさんですものね。


iori
2008/08/16 16:59
ioriさん、ありがとうございます。
編み物人口を知ってどうするということではないんだけれど、編み物人口が減っているとか編み物ブームだとか言われると、実際どうなのかなあとちょっと興味が沸いてしまいます。一番人気のある手編み糸なんていうのも分かったら面白いですね!う〜ん、なんだろう?
編んだ話、聞いた話などなど、楽しい話題があったらまた教えてくださいね。
あ、ついでに、イギリスでは編み物に興味のある女性400万人(そのうち150万人は特に興味あり)なんて数字も見つけてしまいました(http://www.bhkc.co.uk/data/Knitting_Statistics.htm)。イギリスの人口は約6千万人だそうなので、非常に大雑把ですが、編み物女性人口は3〜7%くらいということでしょうか・・・。
しろまる
2008/08/18 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
"knotions"創刊にかこつけて knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる