knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS モードとしての編み物展

<<   作成日時 : 2006/10/07 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

代官山を後にして、電車に乗ればもう安心。<?
次なる目的地、東京・日本橋三越本店で開催された、「モードとしての編み物展」(主催:日本編物文化協会)に行きました。

画像


昨年開催されたニットフェスティバル2005の展示「モードとしての編み物展」の再演(演?)とのことです。
1954年〜75年に発表されたパターンによる作品を、日本編物文化協会が総力を結集して復刻した100点余りと、現代ニットの代表として、広瀬光治さん、下田直子さんの作品を展示。
後半の現代ニットの部は、昨年のフェスティバルでの展示にはなかった部分だそうです。

感想は・・・圧巻。壮観。
着物とか帯とか、水着とか、見たことのないニットに見入っちゃうのはもちろんなんだけども、スーツやワンピースなどのウェアもひとつひとつ面白い。
華やかなワンピースやスーツのエリアは、なんというか、"VOGUE Knitting"の雰囲気でもあり。
ざっと見た感じだけど、時代を写してなのか、機械編みが多めかな、それからかぎ針編み。

パンタロン・スーツなんてのも何点か(ウェディング用のも!)。かぎ針編みのパンタロン、初めて見た。
ミニワンピースみたいなのが結構あって、かわいかったな。今でもと言うか、今ならというか、下にパンツやレギンスなんかを合わせて、普通に着られそうだもの。
モチーフつなぎのワンピースなんてのもあるんだけど、モチーフが3cmとか5cmくらいで、細い毛糸で丁寧に編んであって。かっこいいのだ。

かっこいいと言えば、紫色のかぎ針編みパンツ・スーツ。おそろいの帽子があるんだけど、その帽子の耳のあたり(両側)から、足元まである長〜いマフラーが垂れてるのだ。モチーフで止めてある感じだったかな。Jaywalkerみたいなジグザグ模様で。うーん、モードです。

気に入ったのは、サーモンピンク系の段染め糸で編んだチュニック。長編みのなかに、小花みたいな6枚花びらの模様が入ってるの。もしかして、「花祭り」とかいう編み方かなあ。再現してみたいです。

あ、黒ベースで赤いアクセントが入ってるジュニアのスケート衣装がきれいだった。是非、浅田真央ちゃんに着て欲しい。

後半の広瀬さん、下田さんの作品展も見応えありました。
下田さんの作品は、見てると編みたくなりますね〜。
新刊「かぎ針編みっていいね」の表紙のバッグもありました。
一方の広瀬さんエリアは、あいかわらずのクチュール感。

展示の後には物販コーナーがあるのですが、編み物和書・洋書、ニットのキットと、これが意外な充実ぶり。
ニットのキットでは、下田直子さんのキット(トランクみたいなパッケージになってて思わず買いそうになる)や、マザーアース・ビスのキットが人気があったみたい。
他にも、ニードルフェルトやアプリケなんかに使えるフェルトモチーフなんかも。
キット以外にも編み針など編み物用品もひと通りあったかな。
洋書も結構ありましたね。古本みたいなのもあったし。
上の写真のポストカードは、この物販コーナーで買ったものです。


ふー。目と編み物頭の保養になりました。
会場は結構人がいて、展示作品を見ていると、隣で「なつかしいわ〜」「ムスメの頃、こういう毛糸の水着を父が買ってくれたわよ〜」「こんなスーツも着たわねえ」なんて会話が聞こえてくるのもまた楽し。

展示は日曜日(8日)まで。
お近くにいらっしゃる方は是非!
(ついでに、日本編物文化協会主催で、11月には銀座松坂屋で「広瀬光治ニット展」があるそうです)

ちなみに、モード展(7F)のひとつ上の階(8F)にあるクラフトフロアでも、いくつか展示が行われています。
合わせてどうぞ〜。


画像



台風の一日、靴下コンテストとモード展のかけもちで、なんかもうおなかいっぱいな気分です。
かぎ針編みっていいね―モチーフ1枚編めたら、どんどんできる…うれしくってやめられなくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
しろまるさん、はじめまして。私もモードとしての編み物展行きました。なんと外のグッズ売り場で0号と2号の80cmの竹輪針を売っていたので即買いました。クロバーは匠の輪針は3号まで、金属輪針は0号もありますがたしか60cmと40cmしかないのです。近畿編針株式会社という会社の製品ですがご存じでしたか(ホームページもあるみたいです)。編み心地はまだ試していないのでわかりませんが、つなぎ目が金属でなかなか美しいです。とりいそぎご報告まで。
uribon
2006/10/08 18:30
uribonさん、はじめまして。情報ありがとうございます。近畿編針、"KA"ってやつですね。前に一度問い合わせて80cm輪針のラインナップを聞いたことがあります。実は、主要メーカーの輪針ラインナップをリストにまとめたりしてあるのですが、未公開のままでした<思い出しました。ありがとうございます! 細くて長い輪針がもっと手に入り安くなると嬉しいですね。もしや・・・0号80cmはマジックループ用ですか?またのぞいてくださいね!
しろまる
2006/10/09 00:00
これも行ったのね、しろまるさん。去年行けなくて、結局今年も行けずじまい、来年もあるかしらん、、、?
子供の頃、こんな作品がいっぱい掲載された本が実家にあったんだけど、この前聞いたら、「虫に食われたので全部捨てた」そうな。お宝を、、、、T_T
ワンピースやパンタロンのスーツ、見たかったなあ。一回りして、今の時代にすっと馴染む、オサレな逸品たちだったんでしょうね。それにしても、水着は、、、、勇気がいるなあ(笑)
がみ
URL
2006/10/10 22:47
さすがしろまる博士だ。
含蓄がありますねぇ、私はぼ〜として見たいたので「モダンだのぅ〜」で終わってしまいました。
私の行ったときは丁度広瀬さんが説明していて、「こ〜んな水着、誰が着るんでしょうねぇ」とおばちゃんのように言っていましたよ。
でもやっぱりかぎ編みの方が量が編めるのでしょうか、かぎ編みが多かったですね。
早く編み上げるにはアフガンだ、とおばに聞いたことがあるのですが。
うき
URL
2006/10/11 12:20
水着やパンタロンスーツやなんかは自分では着なかったけど
どこか記憶の片隅にあるのですが、
着物や帯まであったのですか!!
地方巡回しないかな〜、しないんでしょうね…。
アスカ
URL
2006/10/11 15:11
靴下もだけど、これが倉庫に眠ってしまうのはもったいないですよねえ。来年と言わず、全国ツアーとか、ことあるごとにあちこちで展示してくれればいいのになあ。なんならどこかに常設展示でも・・・。

>がみさん
お宝本の処分は私も残念だわ〜。流行は巡るとは言いますが、今でも全然OK、今まさに着なくちゃ!というのも結構ありました。面白いですね。ウールは元々運動着向きだったらしいですが、水着ってのはいざ見るとなかなかすごいです。ちなみに、水着については「海水着(!)は色のでない丈夫な糸を選び、編む前に十分水通しをしておかないと失敗します」だそうです。お気をつけあそばせ<編むのか!?
>うきさん
おお、広瀬さんのギャラリートークっていうのはそういうことだったのですか。それもまた面白そうですね。私にとって未知のアフガン編み・・・速いのですか・・・ナゾ(?)は深まるばかりです・・・。
>アスカさん
着物はなんだかきらきらした感じでした。ああ、アスカさんならきっといろいろ感ずる&表現するところがあったでしょうに・・・力不足が口惜しい。見ていただける機会があることを願っております。
しろまる
2006/10/12 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モードとしての編み物展 knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる