knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS [FO]Simple Lovely Lace Socks:マジックループで同時編み

<<   作成日時 : 2006/06/01 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 3 / コメント 20

画像さあさあお立ち会い。
手前取りいだしたりますは、長〜い輪針がいっぽんと毛糸だまがふたっつ。
ひとたびこの輪針に糸を掛けますれば、不思議や不思議、たちまちのうちに靴下1足が編みあがるという趣向にございます。

なんちゃって。

モノは試しシリーズ、今回のテーマは「長い輪針1本で左右の靴下を同時に編む」です。



で、これがその、「長い輪針1本で左右を同時に編んだ靴下」です。

画像
アイロンもかけんとポーズを決めるしろまる
(よれよれ編地で失礼します)

--
パターン:"Simple Lovely Lace Socks" by Karen Baumer
      from "Interweave Knits SPR 2006"
糸:Regia 4ply #1992(オフ白) 50g/210m 2玉(使用量は約30gずつ)
  標準ゲージ=30目42段(@2-3mm)
針:1号輪針(80cm) 1本
--
※オリジナルパターンはマジックループでも同時編みでもありません。念のため。

オリジナルパターンでは、履き口がピコットのバージョンと、ゴム編みのバージョンの2つが示されていて、これはピコットバージョン。
ただし、ピコットの始末は、オリジナルにある最後に折り返してまつりつける方法ではなく、編みながら折り返して2目一度で編みつけました。
ピコットバージョンは、履き口を折り返してダブル地にするので、ゴム編みバージョンより使用糸が細く(=ハイゲージに)なってます。

模様編みは、レース模様3目とねじり目3目の繰り返し。
そう、大雑把にいうと、全体の半分がねじり目。よって、表編みほどすいすいとははかどらず。
でも、ねじり目って編地の表情がきりっと締まっていいんだよなぁ。
6目4段の小さな模様だけど、静かに主張してる感じがなかなかよいです。
適度に伸縮性もあるようで、フィット感もよし。
履きやすそうな靴下になりました。

画像面白いなとおもったのは、ヒールフラップの両サイドのところ。
拾い目をした後の1段、この部分はねじり目で編むように指示がある。
目的は強さ?デザイン?
やってみるときりりと締まって頼もしい風情です。
ステッチっぽくも見えて、ちょっといいかも。
またどこかで使ってみようっと。

白だといかにもレースという雰囲気だけど、本にあるピンク(ピコットver.)やライトグリーン(ゴム編みver.)みたいに色で遊んでみても面白いだろうな。
考えたら、白い靴下って、赤ちゃん用でもなければなかなか編まないような気がする。そっか、そうすると、これは貴重な経験&貴重な靴下であったとも言える。
でもまあ、ほら、なんていうか・・・白い毛糸って単純になんか幸せ。


・・・って、これで終わっちゃまったくもって意味がないのだ。
今回ばかりは結論より過程が主役。
これをどう編んだか、というお話でござるよ。うきー。<おサル?





さてさて、どう編んだかって、毎度おなじみ同時編みです。
同時編みったってぇ、おまえさん、そんじょそこらの同時編みとはちょいと違うよ。
こちとら、長い輪針1本で、左右の靴下を同時に編もうってぇ寸法よ。
人呼んで、マジックループの同時編みとは、あっしのことでさぁ。


参考記事:
 [輪針2本で輪編み] 基本編
 [輪針2本で輪編み] 応用編−複数同時編み−
 [輪編みマニア] 1)輪針1本で小さな輪編み:マジックループ
 [FO]ゴジラ・リターンズ:輪針1本(マジックループ)で編んだゴジラ靴下


なぁんて鼻息荒くしたものの、マジックループすなわち輪針1本で編むときに限らず、2本で編むときでも、同時編みの原理は同じ。(そんじょそこらの同時編みです。すんません)
要は、それぞれの編地の目を前半と後半に分け、編み地を並べて針に掛け、まず前半だけ順に編んでいき、折り返して後半を編んで戻る、ということ。
輪針2本とマジックループでは針の数が違うから、針の使い方がちょっと違うだけ。

前述の参考記事にもあるので繰り返しになりますが、図にするとこんな感じ。
画像

・・・久しぶりに描いたなあ。

でもって、字にするとこんな感じ。


 [1]編地Aの前半分(赤)
  ↓
 [2]編地Bの前半分(青)
  ↓
 [3] 同 後ろ半分(水色)
  ↓
 [4]編地Aの後ろ半分(ピンク)



前半分から後ろ半分へ移るとき、つまり[2]と[3]の間で編地を返し、輪針2本の場合には針を替え、マジックループの場合には針のコードをスライドさせて、後半を編む態勢を整えます。
こういった針の使い方は、普通にひとつだけの編地を編むときのそれぞれの針の使い方と変わりません。
なお、次の編地に移るとき、糸も次の編地用の糸に持ち帰るのをお忘れなく。
上の図で言えば、編地Aは編地Aの糸(赤)、編地Bは編地Bの糸(青)でそれぞれ編むわけです。


ようござんすか。ようござんすね。
では、編んでお目に掛けやしょう。


普段ならつま先から編んじゃうところですが、その気持ちをぐっとこらえて、パターン通りにまずは履き口の作り目を・・・作り目・・・作り・・目・・・。

・・・白状します。
実はこれまで、マジックループで履き口の作り目をするのに少々不安がありまして、実戦には採用しておりませんでした。
今まで隠していましたが、ゴジラ靴下も、作り目は輪針2本でやって、数段編んでからマジックループへと移行したりしていたのだ。
不安というのはほかでもない、コードを引き出すところがの〜びのびのだ〜るだるにならないか?ということだ。
編地の主要部については前回確認をしたけれど、編地本体では平気でも、作り目ってなんだか頼りないから、同じようにマジックループ仕立てにしたら、コードを引き出したところがの〜びのびのだ〜るだるになってどうしようもないのでは?とおそれていたわけです。

うむむ。
しかし!今回は、編み初めとなる履き口はピコット仕立てで、作り目は折り返して裏側になっちゃう。だから作り目が少々伸びても大丈夫(<「見えない」の意)なはず、といつものように後ろ向きな分析の末、作り目からのマジックループ導入を決意したのであった。

決心したところで、改めまして、作り目をば。

作り目の順序も上図と同じ。こんな風↓にやってみた。
なお、作り目の方法は、一般的な「指で掛ける作り目」です。
※以下、写真中の丸数字の数字と色は上図のそれぞれと一致しています。
ただし、図・写真中の丸数字はテキスト内では[ ]に置き換えています。

画像まずは前半部分。
上図の通り、右側の編地(A)の前半[1]を作り目。
この編地の後半[4]の作り目は最後になるので、出番が来るまで糸はここで待機。

画像続いて2つ目の糸玉で、左側の編地(B)の前半[2]を作り目。

画像糸玉はそのまま、編地Bの後半[3]を作り目。
前半[2]と後半[3]の境目に目印のマーカーをいれてあります。

画像編地Bの前半[2]と後半[3]の境目(=マーカーの位置)から余分なコードを引き出す。

画像[1]に続けて編地Aの後半[4]を作り目。
[1]の編み終わりで待機していた糸で編む。
写真は[4]の作り目を始めたところ。

画像[4]の作り目を終えれば、両足分の作り目完了。


やってみましたらば、おそれていたほどの〜びのびのだ〜るだるにはなってないみたいで、まずはひと安心。・・・だった気がする。<見えなくなるから気にしな〜い、とチェックが甘い

作り目完了。細工は流々、あとは仕上げをごろうじろ。

・・・とか言って、要するにこの先はただただ上の図の通りに、編む、編む、編む。

画像まずはかかと(足裏)側。
上図の通り、右側の編地(A)から編んでいく。
・・・[1]

画像同じくかかと(足裏)側。
左側の編地(B)まで編み終わり。
それぞれの編地についている糸で編むのをお忘れなく。
・・・[2]
ちなみに今回は、糸の替え忘れ1回やっちゃいました。

画像編地を返して今度は甲側。
右側にある編地(編地を返したのでこちらがB)から編んでいく。
・・・[3]

画像同じく甲側。
左側の編地(A)まで編み終わり。
・・・[4]

これにて編地それぞれ1周の終わり。

あとはこれの繰り返し。

画像この靴下はかかとがヒールフラップ&ターン(引き返し編み)方式。
ヒールフラップはこのまま編めたけれど、ヒールターンの引き返し編みはさすがに1段ずつ左右交互に編むわけにいかず、片足ずつ編んだ。

←瞬間最高目数はヒールフラップの拾い目終了時。
輪針の長さはまあなんとか足りてる感じです。

画像そんなこんなでつま先まで無事到達。




・・・ミトンに見える・・・レース模様のミトンってのも可愛いかも


マジックループで同時編み、これにて一巻の終わ〜り〜。





いざ編んでみると、そして書いてみると、なんだかすごくあっさりです。

以前の記事では、これは靴下編みのひとつの到達点だよ!秘技だ!奥義だ!なんて騒いでいたわけですが、編んでみると、実に淡々と進む作業なのでした。
マジックループの同時編みだから、という特別なことはなく、それはマジックループであり、または同時編みであり、それぞれの範疇を超えることはないのだ。
1+1 というよりも 1×1 に近い感じとでもいいましょうか。

斯様な状況ゆえ、非常に冷静に取り組めたわけだけれども、思うことはマジックループや同時編みですでに書いたことばかりなので、あらためて特筆すべきことというのがあまりないのだ。
さんざんあおっておいて盛り上がらなくて申し訳ないのだけれども。


と、言い訳しつつ、以下、雑感。

同時編みは、目数の移動というか再配分というか、途中で針同士で目を移したりするのは少々やりにくい。ほんの何度かの手間だし、靴下編みならそうそう何度もあることじゃないんなんだけどね。
このパターンは、期せずしてその目数の再配分が2度ほどありまして、そのことを実感した次第であります。実感の証拠に、2度目の目数再配分(かかとの真ん中を1周の編み始めにするための再配分)は勝手に省略。
マジックループだと、1本の針に全部の編み目が掛かっている分、輪針2本よりもさらにちょっと面倒かもしれないかな?とも思うんだけど、どうかなあ。

また、たぶん同じ理由なんだけど、同時編みは編地をほどくのが少々面倒です。
数目あるいは1段くらいを1目ずつ編み戻るのはまあなんとかなるとして(といっても、片方の編地の間違いを直すためにもう片方も必要ないのに編み戻ったり、編み戻らないまでも目をいったん移しておかなければならなかったりで少々手間が掛かるんだけど)、何段かを一気にほどこうという場合は、ちょっとためらいそうです。幸いこれは未経験なので想像ですが。
ほどいた後また同時編みで続けるなら、両方の段数をそろえないといけないからね。

なお、マジックループや輪針2本で編む靴下は、1周の前半と後半、たとえばかかと側と甲側で模様がちがうパターンなんかだとやりやすいように思う。
基本的には輪になった編地を半分ずつに分けて編むから。
その点、ゴジラ靴下なんかは分かりやすかったです。今回のパターンは、脚部は全部模様編み、足部はメリヤス編み(足裏)と模様編み(甲)が半々でした。


同時編みって・・・やるたびに思ったり書いたりしてますが・・・「暖炉のそばの揺り椅子で」みたいな編み物のイメージとはやや趣が異なりませんか。
ちょっと流れ作業っぽくて、工業的というか、合理的というか、編んでいて味気なさを感じる瞬間がなきにしもあらず。
マジックループの同時編みとなると、なにやら「芸」の域にさしかかっている気がしないでもない。いやまあ、それはそれで楽しそうなわけですが。

でもって、毎回のように言ってますが、私にとっては、同時編みは早く編むためというよりは、「同時に編む」「同じに編む」ためといった側面が強いです。少なくとも今のところは。
「同時に編む」・・・すなわちSSS(Second Sock Syndrome:片方編み終えるともう片方になかなか手がつかないという症状)の予防。
「同じに編む」・・・メモをとりながら片方編んでも、なぜかもう片方がまったく同じに編めるとは限らない。でも一緒に編めば同じにできる(目数や編み方のメモをとらなくてもすむので、編み方記録が残らないというデメリットもあり)
マジックループでも、輪針2本でも、流れ作業的で一見早く編めそうなんだけど、実際は、半周ごとに針をスライドさせたり、糸の絡まりを戻したりと、意外と手間があってなかなか加速できません。(修行次第かもしれませんが・・・)
なのですが、私にとっては多少早さを犠牲にしても、上記の2点の克服が大事なので、なにかといえば同時編みなわけです。

もちろん、こういうのはこれじゃなきゃ、ということは特になく、単に好き嫌いの問題にすぎないわけで。
(そもそも同時に編むかどうかだって好みの問題なのであ〜る。)
同時に編むなら、なにも同じ針に掛けずとも、別々の針にそれぞれ掛けておいて少しずつ交互に編む、というやり方でもよいわけで、むしろそのほうが早かったりするかも?
はたまた、全体を通してでなくても、部分的に同時編み、という方法もあるでしょう。
なんにせよ、選択肢が増えるのはよいことだ。
マジックループも同時編みも、いつかどこかで役に立つかもしれないし、手持ちの棒針や輪針の使い回しがうまくなるかもしれないし。


さて、比較の話になるけれど、マジックループでよいと思うのは、輪針2本で編むときの針のうるささがないところ。
針同士のかちゃかちゃがちゃがちゃした感じがないのは個人的に好印象である。
それに、同時編みとなると、輪針2本式では輪針2本(すなわち針本体は4本だ)と糸2本という大所帯になるわけで、糸や針のとりまわし(絡み合い?)がどうにも煩わしかったりする。
(そのせいで同時編みはキライだ、という人もいると聞く)
マジックループでは、そのあたりの煩わしさが軽減されると思う。ささやかだけど案外効いてる気がします。
このほか、まったく同じ種類の輪針2本で編む場合、編む針と間違えて休ませている針を引っ張って編み地から針が抜けてしまったりすることがあるのだが、マジックループにはその心配もない。

そういえば、輪針2本でも針の境目は目と目の間が開き気味になるわけで、そこはマジックループと大差ないのではないかとも思う。

また、言わずもがなですが、マジックループは道具が少なくてすむ。・・・長いけどね。
その意味ではモバイル度高し。・・・長いけどね。
ただ、同時編みとなると、毛糸だまを2つ(場合によっては2つ以上)もって歩かないといけないから、若干荷物が大きくなります。・・・もって歩いたけどね。
ヤーンホルダーを腰に付けて、街角で小粋に同時編みしてたらかっこいいかなあ。ニットブームにのってそんなパフォーマンスが流行らないだろうか。<絶対無理
同時編みだと糸玉が同時に2つ(以上)必要なので、フィヨルドルックみたいな100g巻きの毛糸だと困りますね。
あらかじめ半分に分けるか、北欧式に最初と最後から糸端を出すか。
そうか、1つの毛糸だまの始めと終わりから糸を出して同時編みってのが技巧の極地かもしれないなあ。・・・って、いえ、やる予定はありませんが・・・。


・・・話を戻します。
ご存じの通り、輪針で輪編みの原則は、「編地の周長>輪針の長さ」である。
モノの本にもそう書いてあるし(とかいって、輪針の輪編みのことが書いてある本ってほとんどないけど)、輪針のパッケージにもそう書いてある。お店の人も尋ねても多分そう言う。
それをあっけなく覆すマジックループは、なにやら愉快な技である。
それはまた、これまでずっと「大(長)は小(短)を兼ねず」と言われてきた(今、私が言っただけだが)輪針選択基準を、根底から揺るがす事態でもある(<大げさすぎ)。輪針選びのフランス革命や〜。

じゃあ、長い輪針が1本あればそれでなんでもすんじゃうかというと、それもまた難しい。
身近なところで手に入る輪針の長さの上限はほぼ80cm(一部100cmのものもあるが、かなり太い(mm表示の世界))。
80cmの輪針で編めるものと言えば、普通はセーターの身頃あたり。
マジックループにしたとして、余裕を持って編めるのは靴下ひとつ。靴下ふたつ(周長にして延べ40cmくらい)ならまあまあ。でもヒールフラップ式だと(max60cm程度)限界に近い瞬間があるから、袖や帽子となるとそれと同じ状況ではないかと思われる。
しかしまた、靴下を編むような80cmの細い輪針なんてほかにそうそう使うところもないわけで。
そんなことをつらつら考えると、マジックループ、あるいはマジックループの同時編みなんてのは、靴下編みにこそ許された密かな楽しみ、ささやかな贅沢とも思うのである。

その一方で、実は細い輪針だと80cmというのがなかなかないということもあるんですよね。
輪針のそのへんの話につきましては、別途まとめます。


ぱっとしないことも書いてますが、マジックループ、キライじゃないのよ。
やってはいけない、できないと思われていたことをさらりとやってのけるマジックループ。甘くキケンな"ちょいワル"の香りに・・・ああ、キライになれない。<・・・
またときどきやると思います(細&長輪針もあることだし)。


・・・まとまらないまま、なんとなく終了。



・・・書くことないって言ってたのに・・・・・・おあとがよろしいようで・・・。



おまけ

画像
ベビラ上陸

ベビラの鳴き声は「まんま〜」であったことを付け加えておく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Double Knitting (同時編み)靴下の編み方
この中の *ANNA MAKAROVNA'S SECRET STOCKING* を参考にしました。 参考にと言うのは、 そのまま訳して編んだわけではなく、ポイントだけいただきました。 ...続きを見る
Knitting with Handsp...
2006/06/22 23:31
Double Knittingを考察する
「Double Knitting」と検索かけると 糸の名前だったり、双子ちゃんのニットだったり 解釈の幅はとっても広いようでが、多くは、 ちょっと前にNHKのおしゃれ工房で紹介された 「ヨン様マフラー」の編み方が一番ヒットします ...続きを見る
Knitting with Handsp...
2006/06/22 23:37
[*Heath*][tools]ミニ輪針って編みにくい!
最近何だか「編む気満々モード」に入っている私。まだ編み途中のものもあるのですがそれを置いてでもFeltedは今の寒いうちに編んでおきたくてRowan mag32よりHeathの作製に取り掛かっていま ...続きを見る
chirurun *あみもの部屋* 
2007/01/23 15:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
はまってますね〜靴下編み!それもマジックループで同時編みなんて、私だったらこんがらがっちゃう。今、Shimerを編み直していて、袖を同時編みしているのだけど、初め輪針で編んでいたら、輪針の場合、今編んだ編み地も、これから編む編み地も同じ針にかかるから、どっちが進行方向だか、ちょっとした拍子にわからなくなっちゃってだめでした〜^_^;今は棒針で同時編みしています。
このパターン、ピコットの具合がかわいらしいし、シンプルで涼しげで良いなあ。色違いも揃えたくなっちゃいますね。ヒールのねじり目、本当アクセントになってていい感じ!
がみ
URL
2006/06/02 23:26
輪針の活用法、丁寧に解り易く紹介されてすごいな〜と思いつつ、あの苦〜い思い出(針とコードの繋ぎ目が引っ掛かり、棒針に替えて編んだ)が甦ってきて...以来輪針は触れてません。今、靴下は小休止し、[毛糸だま]P35のセーターを製作中です。しろまるさんなら絶対輪針だな〜と思いながら(^・^)
かいぴ〜
2006/06/03 01:33
>がみさん
そう、何度目だろう、靴下編みブーム・・・。不定期に襲われてます。編地が小さくて編んでてもひざにのらないから、暑くなってきても編めるのがイカン!?袖くらいになると、同時編みだと編地と糸を回すのがひと苦労でしょう。進行方向を間違えないコツは・・・なんだろう・・・てか、そういうことを書くべきなのか!お役に立てずすみません・・・。でもShimerの完成、すっごく楽しみにしてます。
ヒールのねじり目は収穫でした。そか、夏糸で編んでもいいかも!<ブームは続く・・・?
>かいぴ〜さん
輪針はほんと、引っ掛かるとストレスですね。しかも使ってみないと分からないから、次から次へと試したりしてしまいます。私、輪針のことばっかり書いてますけど、ほんとは棒針好きなんですよ〜。あ!あのギャザーのセーター編んでるんですか!楽しそう!途中経過や感想などまた教えてくださいね!
しろまる
2006/06/04 08:56
ご無沙汰、失礼しておりますm(__)m

ヒャ〜…ド素人の私には、チンプンカンプンです。
が!すごい〜ってことだけは判ります!
これから夏に向かって、
レース編みの黒いミトンなんてぇのも、
確かに良いかもしれませんね。
(ゴス服愛用おばさん、興味津々!)
juri
2006/06/04 19:30
juriさん、お久しぶりです!
すごそうに見えました?そう見えて意外と単純な話なんですよ〜、へへ、すごそうに見えたらお得かも?
juriさんはゴス服愛用なのですか!コーディネイトがお上手なんでしょうね。レース編みの黒手袋っていうのは素敵ですねえ。
しろまる
2006/06/04 21:00
ベビラさんが可愛すぎます……。

ああ、やっぱり一度はやってみたい輪針一本で一足同時。私も、「速く編める」よりも「同時に編める」のが重要だと思います。片方ずつ編むと二回目はどうしても段数とか気にせずにはいられないんですよ。

Hedera も踵の目を拾った次の段は捩り目でした。ひきしめ効果(なんだかダイエットみたい)があるなあ、と思っていました。

あと、マジックループの方が輪針二本より境目のひろがりが気にならない気がします。これは輪針二本で編む時の自分の編み方がいけないんだろうなあとは思うのですが、マジックループの場合作り目をつなぐ時と次の段くらいを気をつければあとはほとんど気になりませんね。

マンセルの針で編まれたんでしょうか。どうでしたか? 私はマンセルの針とはどうも相性が悪くて。
雅亮
URL
2006/06/05 02:50
おサルが入った!?しろまる外郎売だぁあーー!!^^(爆)博士って。。演劇も詳しいんですか??@@
それで、この雑誌私も持ってますよ!トイレでよくこのパターンに見入ってます!^^;その間に・・またもや博士はペロっと編み上げた??><;白っていうのがまた涼しげでカワイイですね♪レース模様が一番キレイに見えるのって・・もしや白色なのかな??それと!ヒールフラップの両サイド部分の、拾い目をした後「ねじり目表編み」なんですが、これこの前AVRILの洋書靴下マニア・スタッフさんに教えて貰ったやり方なんです!(私はヘソ曲がりだから、へえぇ〜!とか言って実践しなかったけど><;汗)
あーちゃん
2006/06/05 15:58
教えて貰ったのは、拾い目の所を拾い目じゃなく、ヒールフラップの両サイド端目(本来ならば拾うところの目)の反目外側を、別の余っている1号小さい棒針で拾う目数だけ針に掛けとくんですね、そいで拾い目するハズの段でいきなり、ねじり表編みをしていくんだそうです^^実際生で見ましたが、まったくしろまる博士のアップ写真と同じで、メリハリある感じでした♪教えてくれたスタッフさんは、どんな靴下を編む時もその方法を取るそうです^^(楽!??って言ってました)←私には楽じゃなかったT_Tあと、マジックループで同時編み??なんてカッコ良過ぎですよぉーーもお!!アンビリーバボォ〜★そう言えば、土曜日にROWANのKnitカフェに参加して来たんですが。。てんちょ〜に聞くの忘れた!><今度行った時は、お店のPCでしろまる博士のココを開いて見て貰いますからね^^v普段も、Interweave Knitsのサイトとか見て、ワーキャーやっているんです!?(笑)話題になっている外国製輪針も気になりますねぇ〜。。やはりこれは手に入れとくべきか??
あーちゃん
2006/06/05 16:16
それから。。(←ひつこい!?><)「同時に編む」に関してですが、たしかに工業的・合理的(笑)な印象がありますね^^;私は、今までソレ(棒の方)をやった人がことごとく間違えてるのを見てるんで。。ちょっとした恐怖心がありますです。。ヤーンホルダーを腰に付けて!?って。。マジにオシャレじゃないですか?私。。小粋に試してみようかなぁ^^v最後にベビラちゃん!!!ガァーーーガワイイ〜♪本人ごと欲しい!?あ〜博士といっぱい喋れて満足満足^^失礼しました。。
あーちゃん
2006/06/05 16:20
>雅亮さん
ベビラは確実にその当たりを食い散らかした後とみられます・・・貫禄あるおなかだこと。
ヒールフラップのねじり目は初めてだったのんですが、割りとポピュラーなんでしょうか?下↓のあーちゃん式のもよさそうです。

私は段染め糸で左右模様がずれるのはかまわないのですが、サイズが違うとなんとなく気になっちゃうので、同時編みで同じに編めるのはすごく気持ちいいのです。てへへ。
"はしご目"疑惑は、マジックループをやってみて予想外に気にならなくてうれしい誤算でした。輪針2本のほうが目立つ気がするのは、休んでる針は完全にフリーだから、でしょうか。
マンセルの針は使ったことないのです〜。マジックループがらみで最近輪針のこともちょこっと調べていて、マンセルも使ってみたいと思ってるんですが・・・。針とコードに部品があるかないかは針のスライド時のストレスに影響あるでしょうね。自分好みの輪針って作れないものか・・・と考えたりしてます。
しろまる
2006/06/05 22:24
>あーちゃん
涼しげでしょ?でもウール75%のソックヤーンなのでとても温かいのだー!はは、やっぱり夏バージョンも必要ですな。
AVRILの靴下の達人さんのねじり拾い目もよさそうですね!ヒールフラップの両端の目を直接ねじるってことだよね?それは引き締め効果抜群な気配・・・それで夏バージョンいってみようかな・・・?
同時編みは、なんというか、暖炉のそばで椅子を揺らしながら・・・みたいな編み物のイメージではないですよねえ。編んでるうちになにやらノルマをこなしてるような気持ちになることもありますが、でも両方ぴったり同じにできるからうれしいのだ。でも、同時編みやマジックループは、ほんと相性のよしあしとか好き嫌いっていうのがかなりはっきり出るような気がします。
ヤーンホルダーで小粋に街角ニッティング@同時編みってさあ・・・編み物芸人という言葉がちらつかない?私はそこへ行こうとしているのかしら・・・?
しろまる
2006/06/05 22:58
マジックループで同時編み&総力レポお疲れ様でした!同時編は相性がはっきりしそうですね。輪針1本/2本や棒針でも意見がわかれそうですが、、、私は輪針2本で編んでも使うのは1本だからこれもまたマジックループと言うのだと最近まで思っていましたが、一つ大人になった気がします。ありがとうございます!
joujouka
URL
2006/06/07 00:33
joujoukaさん、ありがとうございます!
言われてみれば確かに、輪針2本もマジックループを呼んでもよさそうですね(むしろ輪針2本で1つの輪の編地を編むほうがマジック?)。あるいはマジックループに匹敵するような名前があってもいいような。好き嫌いや相性はありますが、針も技もあれこれ使い回せれば、なにか新しいことができるかもしれません。編み物っておもしろいですねえ。
しろまる
2006/06/08 01:01
こんにちは。しろまるさん、早いですね〜〜! 私はまだ片袖編むのにマジックループか・・・と言っているところなのに(遅すぎ)
詳しい検証をありがとうございます♪ 早速試したいです。 今輪針2本同時編みをまたやっているのですが、やっぱり針が邪魔!余っている物がぶらぶらしてしまうんですね・・・。それに1本の輪針だったら絶対編むところを迷わなくて済みそうですし。

両方同時編みが、なんとなく「ノルマをこなしている」という気になるのは私も同じですが、それよりも「同じ大きさに出来上がるはず」なのが一番嬉しいです。ちぐはぐは靴下はたとえ愛着はあっても着用はね・・・。

今回もしろまるさんの記事読みながら、違う世界に行っていました・・。しろまるさんの文章がどこか心に響くところがあって、別世界に誘われてしまうんですよね、きっと。
長い文章を読むのは好きなので、これからもどんどんお願いします。
Candy
2006/06/08 09:35
Candyさん、こんにちは!
Candyさんが次々編みあげる間に、やっと1足です〜!夏物の予定を放り出してすっかりマジックループ研究にいそしんでしまいました。(研究といえば、こういうのって夏休みの自由研究で提出してもいいのかなあ・・・あの頃の私に教えてあげたい)
輪針2本編みもよくできてるなあと思いましたが、マジックループはまたよくできてるというか、あまりにもシンプルというか・・・。試したら感想など聞かせてくださいね。
靴下が左右同じに出来ると気持ちいいです。私の靴下編みは同時編みが基本になっちゃうかも(すでにそうなってる気もするけれど)。

とりとめのない長文にいつもおつきあいくださってありがとうございます。ああ、そんな風に言われると調子にのってしまいます・・・<?楽しく編んで、楽しく書いて、これからもほそぼそと続けていきたいです。
しろまる
2006/06/10 00:47
いつも大変楽しく拝見させていただいて 物凄く刺激を受けています。
重ねて編む 同時編みの靴下を編みました。ズーズーしいお願いなのですが、よろしければ 見に来てくださって アドバイスをいただけるとうれしいです。
つま先の作り方もちょっとUPしてみました。
よろしくお願いします
baru
URL
2006/06/22 23:35
baruさん、こんにちは。ご覧くださってありがとうございます。
そうそう、同時編みには入れ子にして編む方法もあるんですよね。書きかけて保留にしてた入れ子編みの記事があるので、勉強させていただきます!あとでまたゆっくりお邪魔しますね。
しろまる
2006/06/23 23:32
はじめまして。しろまるさんの「さぁさぁお立ち会い」記事に出会い、マジックループで同時編み?なんだか面白そう!心奪われました。いつかやってみたいなぁ、と思い月日を経て、ようやく完成しました。どうもありがとうございました。
rinomikawa
2008/11/14 16:11
rinomikawaさん、いらっしゃいませ。
自分で読み返してみてもなんだかごちゃごちゃした記事ですが、お役に立てたなら幸いです。今シーズンは、「手あみ大好き!」やおしゃれ工房や林ことみさんの本や、靴下編みがひっそりしたブーム?から控えめな脚光を浴びつつある感がありますね。楽しくあったかく、Let's sock-knitting!
しろまる
2008/11/23 23:40
ブログ見させていただきました。
わたしもいま、同時編み挑戦しています。つま先からの同時編みしてるのですが
つま先が、角ばってますww
右から左に編むのに、かかとと、甲側、になりますが、かかとからあ?でも大丈夫ですよね?
あと、かかとはやっぱりラップアンドターンがいいですか?
なな
2016/01/30 05:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[FO]Simple Lovely Lace Socks:マジックループで同時編み knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる