knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS [本]オーガニックコットンのやさしい手編み

<<   作成日時 : 2006/02/24 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

春はこっとん。やうやう白くなりゆく店先 少し明かりて つむがれたる色綿の細くたなびきたる。
プロバンス・イエロー、ドイツ・ブラウン、エアーズロック・ピンク、アメジスト・パープル。
ゴバイシ、エンジュ、インドアカネ、カテキュウ、ミロバラン。

この呪文にピンと来たらハマナカ通。

編み物も春夏シーズンの到来ですね。パターンブックも衣替え。コットンや麻、シルクなどサマーヤンの作品が並んでいます。

--
オーガニックコットンのやさしい手編み―ニットウェアと暮らしの小物、ベビーのためのニット。[Amazon]
雄鶏社, ISBN: 4277171907, 2006/02
--
ハマナカの新製品、ピュアオーガニックコットンからうまれた糸「ポーム」を使ったパターンブックです。
大きく「ニットウェアと暮らしの小物」、「ベビーのためのニット」というふたつの項目に分かれていて、棒針編みとかぎ針編みのパターンが掲載されてます。
パターン数は「ニットウェアと暮らしの小物」が19点(棒針7、かぎ針12)、「ベビーのためのニット」が8点(棒針5、かぎ針3)。

この本は、なんだろう、別に奇をてらったパターンとか、見たことないものが載ってるわけではないのだけれど、なんだかある種新鮮な感じがするのは。
コットン糸の棒針パターンが珍しいのかな。この本にある棒針パターンは、ベビー物以外では、ベスト、帽子、あみぐるみ、リストウォーマー、クッションカバー、キャミソール、ティーマット。
ベビー物ではあったけれど、この手の本はあまり見かけない気がするのだけれど。
(なんとなく、個人的に春夏パターンブックはかぎ針のイメージ、それとコットン糸はレース編みの範疇のイメージ、という完全な主観にもとづいております)
ありそうであんまりないシンプルなキャミソールのパターン(棒針編み)とか、なんとなく惹かれるのだわ。

で、この本で使われているポームという糸がなかなかよさげで興味を引かれます。
特徴としてあげられている、柔らかく肌触り抜群、他の綿より膨らみがあって軽く仕上がる、といた素材そのものにも惹かれますが、個人的にはスモーキーな色目にときめくのでした。
でもって、色に名前がついているのがいい。

話それますが、ワタクシ、つねづね、糸の色には番号だけでなく名前をつけてほしいなあと思っておるわけです。
思いつくところだと、ROWANなんかは見本帳に色の名前が並んでますよね。なんだか楽しいのです。
番号よりも、話も通じやすいし、なんかイメージ沸くではないですか。
PCのモニターだと黒なのか紺なのか濃茶なのか分からん、みたいなこともあるし。
ショコラなんとかとかなんとかの朝焼けとかいうような凝った色名じゃなくていいのです。
赤、青、黄色・・・でも全然かまいませんので、メーカーさんには是非ご検討いただきたいです。

話はもどってポームですが、ハマナカのサイトには残念ながらまだこの糸の情報は掲載されていないようです。
代わりにこちらのお店で色見本を発見。
毛糸・手芸・コットン 柳屋 http://www.rakuten.co.jp/yanagiya/
 ハマナカ ポーム   ※・・・あれれ、見本帳には色番号しか書いてないのかな。

ポームは、コットンそのままの色である「無垢綿」シリーズ(3製品)と、色糸が全12色。
無垢綿シリーズの3製品は、それぞれ、かぎ針用糸(クロッシェ)(1)、ベビー向き糸(ベビー)(11)、ベーシックな汎用糸(ニット)(21)というラインナップ。(カッコ内の数字は色番号。以下同じ)
色糸は、染め方によって3種類あって、「色綿」シリーズ3色、「彩土(ハニ)初め」シリーズ4色、「草木染め」シリーズ5色。
「彩土染め」というのは鉱物を染料としたものだそうです。また、「色綿」シリーズは、「茶綿」というもともと色の付いた綿から作られたベージュ系のバリエーション。

で、冒頭の呪文は、「彩土染め」シリーズと「草木染め」シリーズの色の名前なのです。
色の名前があるとイメージが沸きます〜なんていっといて、こうして見ると「彩土染め」はともかく、「草木染め」はなんのことやらですね。
この本に寄りますと、「草木染め」はゴバイシ(五倍子)(51)=からし色、エンジュ(槐)(52)=抹茶色、インドアカネ(インド茜)(53)=あんず色、カテキュウ(阿仙薬)(54)=小豆色、ミロバラン(55)=灰色となっております。(ちなみに「彩土染め」の色番号は順に41〜44)
それから、「色綿」の3色はベージュ(31)、灰ベージュ(32)、茶色(33)。

ついでにスペックもメモっとこうっと。
 オーガニックコットン(ハマナカ) 綿100%
  無垢綿 クロッシェ 25g/107m 3号(かぎ針)
        ベビー/ニット 25g/70m 5-6号
  色綿  25g/70m 5-6号
  彩土染め 25g/70m 5-6号
  草木染め 25g/73m 5-6号

早くお店に触りに、もとい、見に行きたい糸です。

ついでながら、ハマナカの糸を使った小ものの本、こんなのも出てます。
--
かぎ針編みでスイスイ作れるナチュラル糸こもの
河出書房新社, ISBN: 4309280471, 2006/02/11
--
ポームのほか、アンダリヤ(木材パルプを原料とするレーヨン100%の土に帰る糸)、亜麻糸(リネン)という3種類のナチュラル素材糸を使った作品のパターン集。
掲載パターンは、雑貨(コースターやかごなど)9点、アクセサリー&帽子8点、バッグ&ポーチ8点。
タイトル通り、テーマはナチュラルだから落ち着いたテイストではあるのだけれど、にぎやかなというか、元気なというか、そんな印象の一冊。
ネットで見かけるデザイナーさん達の作品も多いので、サイトやブログなどと合わせてみるとまた面白いかも(巻末にプロフィールとURL記載あり)。
余談ですけど、河出書房新社の編み物本って数は多くないけどちょっと面白いとこついてる気がする。

さらに、本日発売というコットン糸のパターンブックが、ヴォーグから。(未見)
--
手あみCafeスタイル コットン雑貨 [Amazon]
日本ヴォーグ社, ISBN: 4529042170, 2006/02/24
--
ちなみに、「手あみCafeスタイル」シリーズはこのほか、「ナチュラル雑貨」[Amazon]、「小さなかぎ針編み」[Amazon]が刊行。(いずれも未見)
見てないのであくまでも推測ですが、コンセプトとしては「コットン雑貨」は上記「オーガニックコットンの・・・」、「ナチュラル雑貨」は「かぎ針編みでスイスイ・・・」と同じなのかな?
しかし、細かいすみわけですねえ。

※ほんとにどうでもいいけど、このシリーズ、Amazonでは「手あみcafeスタイル」の表記がいろいろだったり、タイトルが途中で切れてたりで、かなり探しにくいです。なんでだろ?
※※あら、いつの間にかタイトルはちゃんとした表記になってました。シリーズ名が不統一に見えるのは、実はシリーズじゃないのかも?


春夏はかぎ針作品か雑貨系が隆盛で、棒針派としてはちょっとさみしい。


オーガニックコットンのやさしい手編み―ニットウェアと暮らしの小物、ベビーのためのニット。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハマナカ オーガニックコットン「ポーム」
ハマナカの2006春夏の新商品 オーガニックコットン「ポーム」がわたしの中ではこの春夏ものの糸、特にお気に入りです。 オーガニックコットンと言えば、ベビーウェアとその小もののためってイメージですが ポームは、それ以外のものにもかなり使えると思う。 色もコットン糸の薄い色だけど、くすんだ感じが甘すぎなくて良いです。 ...続きを見る
本日の心持ち today's mood
2006/03/18 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!
昨日まさに触ってきましたよ。これ。
とっても肌触りよく柔らかでした〜

私は編み人形の肌色がどうしても国内に
見つけられなくて、今海外ものを探して
います。
やっぱりこれからの季節、握るものだから
コットンがいいいんですよ。
こんど人形を記事にしますね。
miyo
2006/02/24 22:47
話題がそれますが…
某通販でゲットした色鉛筆、何百色とあるのですが、すべてに色名がついているのですよ!
有名どころの色鉛筆(文具店で買えます)やインクペンにも、ステキな名前?色名?がついていますし…。
日本の美的感覚による色名って、見事ですよねぇ。
そういえば…刺繍糸はナンバーでしたっけ?
外国の色インクには、色名というよりも、ステキなお名前がついていたような?(色名だったかなぁ?)
紹介のありましたニットマルシェの、表紙の裏ページとかP35に出ている糸、興味津々です!
見たい…よりも触りたい(←悪いおばさん)(^^ゞ
juri
2006/02/25 09:14
>miyoさん
柔らかでしたか〜。綿糸で肌色って言われてみれば見たことないかも・・・。どんな人形なのか、あれこれ想像しながら記事を待ってますね。
>juriさん
そうそう、色鉛筆や絵の具は素敵な色名が並んでますよね。よくもあれだけ思いつくなあと感心します。
むふふ。編み物の魅力のひとつは、糸の手触りですよね。
しろまる
2006/02/25 22:16
この本を買った動機が
手芸店で『ポーム』をさわったから…
な私です。
ベストを編もうと思ったんですが、
ゴム編みとかリブの編み目がキレイに編めない
悪い手癖がついているので
キャミソールを編もうと思って
柳屋さんに糸を頼んでいます。
ポームがちょうど品切れ中で、
まだ来ないんですよ…。
アスカ
URL
2006/03/01 09:59
アスカさん、キャミソール編みますか!
あれ、シンプルでよさそうでした。糸の到着が待ち遠しいですね。完成を楽しみにしてます。
ゴム編みをぴしっと編むのは難しいですよねえ・・・同感。
しろまる
2006/03/01 20:36
はじめまして、コネリと申します。
先日は突然のトラックバック、大変失礼いたしました。
どのエントリーも詳しく書かれていらっしゃって、とても参考になります。
これからも伺わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ポームの色はどれも良いですよね。
昨年、ダルマイングスが出した「ベビーオーガニック」も
くすんだ感じの色で気に入っていたのですが
今年はポームがすごく気に入りました。
コネリ
URL
2006/03/21 22:06
コネリさん、こんにちは。
トラックバックの件、なんだかこちらこそ失礼しました。これからどうぞよろしくお願いします。
聞けば聞くほど、ポーム、見てみたい、触ってみたい!オーガニックコットンだと、普通のコットンと手触りが違うのかしら。
ポームの作品など、またどんどん見せてくださいね。
しろまる
2006/03/22 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[本]オーガニックコットンのやさしい手編み knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる