knit, knitter, knittest

アクセスカウンタ

zoom RSS [輪針2本で輪編み] 応用編−複数同時編み−

<<   作成日時 : 2005/12/13 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

「輪針2本で輪編み」の応用で、複数の輪編みを同時に編む、ということができます。
これでもって、靴下やらミトンやらの左右を同時に編む、ということもできるわけです。

「基本編」はこちら→[輪針2本で輪編み 基本編]

---------------------------------------
応用:輪針2本で複数の輪編みを同時に編む
---------------------------------------

さて、棒針2本で(輪針2本でも)平編みをするときに、複数の編み地を同時に編むっていうのは、やったことがなくても想像しやすいのではないかと思います。

画像


気をつけるのは、それぞれの編み地についている糸で編む(図でいえば青い編み地は青い糸、紫の編み地は紫の糸)、ということだけです。
それぞれの編み地を独立したものとして、あとは普通に平編みをすればよし。

輪針2本で複数の輪編みを同時に編むということは、要は、それと同じことだと言ってよいかと。
絵にするとこんな感じ。

画像


Fig.1
「輪針2本で輪編み」の要領で、2つの編み地が左右に並べて針にかかっています。
丸数字(@〜O)が目を編む順番です。
おおまかにいうと、
 うす茶の針で 青い編み地の前半(@〜C)→紫の前半(D〜G)→
  → 濃い茶の針で 紫の後半(H〜K)→青の後半(L〜O)
という順で編むことになります。
上に書いたように、それぞれの編み地についている糸で編む、というのが大前提。
そうしないと、編み地がくっついちゃいますから(それを利用して手袋やらミトンやらは編むわけですが)。

Fig.2
編み始め。うす茶の針をぐっと編む態勢にもっていき、@から編み始めます。
青い編み地の目(@〜C)は青い糸で編みます。
Fig.3
青い編み地の前半(@〜C)を編み終えたら、青い糸はここでひと休み。
うす茶の針で続いて紫の編み地の前半(D〜G)を編みます。
針は替わりませんが、糸は替わります。紫の編み地は紫の糸で編むのを忘れずに。

Fig.4
紫の編み地の前半(D〜G)を編み終えたら、うす茶の針はひと休み。
これで青、紫とも前半を編み終えました。
平編みの要領で編み地全体を返します(濃い茶の針が手前側になります)。

Fig.5
ここから後半。濃い茶の針の出番です。まず、紫の編み地(H〜K)を紫の糸で編みます。
以下、前半の手順と同様に、紫を編み終えたら青い編み地の後半(L〜O)を青糸で編みます。
これで1周おしまい。あとは、Fig.1からの繰り返し。

編み地を返すのを、同じ方向にばかり回していると、2本の糸がからみ合うというか、縄をなったようになるので、ときどきそれを直す必要があります(もしくは編み地の反転方向を交互に変えるとか)。

私は靴下ミトンの左右同時編み(つまり編み地2つ)しか試してませんけど、このやり方なら3つでも4つでも同時に編むことは可能なはずですね。
ということは、5本指の手袋の片手、あげくにそれを両手同時に編むことも可能なわけで(糸さばきが少々大変だけど)。
靴下なんて2足3足、お揃いで色違いでと一気呵成に編みまくることも可能・・・!
とはいえ、一度にたくさん編むほどに、ゲーム的な楽しさとともに流れ作業の雰囲気が増していく気がします。
私の少ない経験からいうと、靴下の左右同時編みがいろんな意味でバランスがいい気がするかな。
たくさん編まなきゃいけないのに時間がない!"2nd Sock Syndrome"が深刻だ!という方、お試しになってみてはいかがでしょうか。

<同時編みのしろまる的事例(っていうか実験っていうか)>
 ・両足同時に編む靴下
 ・両手同時に編むミトン

複数編み地の同時編み、すっごく早く編める人なら、パフォーマンスになりそうだなあ。<?
"とりいだしたります2つの毛糸だまと2本の輪針、これこれこのように編みまして、ほれ、あっという間に靴下1足できました!”とか。
靴下リレー編みなんてのどう?靴下3足分くらいを長〜い輪針にかけておいて、3人並んで次々にリレーしながら編んでくの。出来ました!って3人同時に編みあがった靴下履いたらゴール!(順番が来るまで暇そう・・・しかも競技時間もマラソン並みかも)
輪編みじゃなくても、普通の棒針に5つくらい編み地をかけて、マフラー量産パフォーマンスとかどうかしら。
セーターの後ろ身頃、前身頃、左袖、右袖を同時にかけて編むとか。あああ、丸ヨークのセーターなんてパフォーマンス向きでは。身頃(の裾)と袖(の袖口)から編み始めて、脇で合体させてヨークを編んで、えりを編んで完成!とか。
・・・かなりのマニア向けパフォーマンスのような気がしてきました。
それはさておき、袖の同時編みはなかなかいいかも(っていうか、すでに一般的?)。靴下片方で燃え尽きる私は、当然袖も片方編むと燃え尽きるんだもの〜。

そんなこんなで、以上、輪編みについての覚え書きでした。
あ、輪編みと言えばついでにもう少し書き留めておきたいことがあるような。
以下、次号(?)。


--
※以上、しろまるの個人的見解です。多分に我流ですし、もちろんこれが唯一の正解ではありません。ご利用は計画的に&ご意見・ご感想・ご指摘etcはお気軽に。

Copyright(C) 2005 Shiromaru. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
輪編みのいろいろな編み方を知って目からウロコです。左右同時に編む靴下や手袋、私も編んでみたいと思いました。他の作品もかわいらしいですね〜。できれば編み方など教えていただけませんか?
輪編みの続きも楽しみにしてます!!!
ずー
2005/12/18 09:14
ずーさん、初めまして。コメントありがとうございます。
こ〜んなものでよければ、編み図(編みメモ)のupなんて全然OKです。
リクエストがあれば言ってくださいね(<えらそうだ)。
とはいえ、きちんとメモになっていないものも多いので、ちょ〜っと準備(整理?)のお時間いただくかもですが・・・。
しろまる
2005/12/20 10:15
初めまして。
親切な図解で積年の謎が解け、自分でも同時編みをためしてみました。楽しいですね!
私のブログ中にこちらの記事へのリンクを貼らせていただきました。ありがとうございます。これでまた同時編みにはまる人が増えるかも。
生倉
URL
2007/01/30 22:53
はじめまして。複数同時編みの説明を探していたところこちらのサイトへたどり着きました。とても分かりやすい説明で早速参考にさせていただきました。ありがとうございます。勝手ながら記事へリンク貼らせて頂きました。もしご迷惑なようでしたらお知らせください。
コサバ
URL
2007/02/17 11:42
>生倉さん、コサバさん
しばらくネットから離れていまして、お返事が遅〜〜〜くなりました。ほんとにごめんなさい。
ご覧くださってありがとうございます。お役に立てば幸いです。私は同じものを2つ編む、というのがどうも苦手なので、同時編みは助かります。とくに靴下は!!
生倉さんのサイトもコサバさんのサイトもいろいろなトピックがあって楽しいですね。過去ログも少しずつ拝見したいです。
大変失礼しておいてなんですが、よければまたのぞいてください。
しろまる
2008/06/28 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[輪針2本で輪編み] 応用編−複数同時編み− knit, knitter, knittest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる